広告なし2

<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

もろみの見た夢(2)焼酎の造り方

2008.04.02 参加レポート C(5) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

SHOCHU LAB ミーティングビール工場とか蒸留所とか、ワイナリーとか、造り酒屋とか、結構お酒関連の見学コースって参加しているんだけど、焼酎は全くなかった。

なので、焼酎ってどうやって造るの?とかいう話はとても面白かった。

SHOCHU LAB ミーティング

焼酎の定義から始まり、製造工程、そして開発秘話などを語ってくれた、めちゃめちゃ参加者から大人気だったのは、この「もろみの見た夢」の開発担当者である、酒類開発研究所の松木さんという女性。


キャラ最高!


このイベントの主役は、「もろみの見た夢」ではなく「松木さん」だった気がする。
だって懇親会が始まったとたん、カメラ抱えた参加者達がいっせいに囲んでシャッターを切っていたのは、「もろみの見た夢」のボトルが並んだ一角ではなく「松木さん」だったから。

SHOCHU LAB ミーティング
↑完全にモデル状態の松木さん。情熱トークだった。

ちなみに「焼酎の定義とは」、

SHOCHU LAB ミーティング

そ、それだけなんだ・・・。

SHOCHU LAB ミーティング

そして、いままでよくわかっていなかった「甲類」「乙類」の違いもわかった。

SHOCHU LAB ミーティング SHOCHU LAB ミーティング

昨年同居していた実父が「甲類焼酎派」。
いつも4.5Lの巨大な宝焼酎を家にストックしていた。

居酒屋に行った時にも、芋焼酎とかそば焼酎とかばかりのメニューを見て、お店の人に聞いていた。

「甲類ないの?」
「?」
「甲類。焼酎の」
「そのような銘柄は・・・」
「銘柄じゃなくて」
「?」

自分も父に聞いてみた。

「甲類って、何が材料なの?麦?」
「それだと麦焼酎だから、違うだろ」
「じゃなに?」
「化学的に作ってるんじゃないか?アルコールを」
「そっか」

なにか解せない気持ちのまま、とりあえず納得しておいた。

甲類と乙類の違いは、蒸留方法だったのか。
もろみの材料は、やはり米や麦とのことだった。

【追記】↑ここまだ自分勘違いでした。追加情報もらいました(2008.4.3)

甲類は連続式蒸留、乙類は単式蒸留ですが、
甲類焼酎には原料の香りがほとんど無いので
甲類焼酎に使用する原料としては、
タピオカ澱粉や糖蜜(サトウキビで製糖した残り糖蜜)
など比較的安価な原料を使用することが多いです。

もちろん、米や麦を甲類焼酎に使用する事もあります。


SHOCHU LAB ミーティング

そして、一般的な焼酎の製造過程を説明。

蒸米で麹を作り(米麹の場合)、水と酵母をまぜて一次もろみに。
一次もろみの酵母を育てたところに主原料を加え、二次もろみに。

二次もろみを発酵させて、それを蒸留して原酒に。

麹のところで二日間、もろみのところで三週間と、
割と短い期間で作られているみたいだ。

あとで、別の研究所の方と話をしていた時に、ヨーロッパとアジアの「製法」の違いという話題になった。原材料を粉砕したりせず、そのままの形で使って麹を作るなど、アジア特有かもとのこと。ヨーロッパの「麦」に対し、アジアは「米」。

そう考えると、日本のスピリッツ「焼酎」は、
日本酒同様、もっともっと海外での知名度をあげてもいいよなあと。

SHOCHU LAB ミーティング

松木さんの説明はすごくわかりやすかった。

「麹」の仕事は「酵素」を生産すること。
酵素は、イメージとして「はさみ」の役割をする。

そして芋とか麦とかのでんぷんの粒粒を、酵素のはさみでチョキチョキ切ってあげるのが「糖化」という行程。
そして結果、ちっちゃい「ぶどう糖」ができる。

なぜ「ぶどう糖」にする必要があるのか?

酵母がぶどう糖くらいの大きさのものしか食べることができないから。
それを食べて、酵母がアルコールと二酸化炭素をだす。
この過程を「醗酵」という。

ふむふむ。
よくわかった。

SHOCHU LAB ミーティング

「これ、私がちょっとパワーポイントで書いた断面図なんですけど」

会場からどっと笑いが起こる。

SHOCHU LAB ミーティング

結構こまかい専門的な話などもしているのに、
それを感じさせない、とってもわかりやすいトークは見事。

SHOCHU LAB ミーティング

そして、「もろみの見た夢」を生み出した新しい製造工程と開発秘話へと話は移っていった。


> 続く


▼SHOCHU LAB(アサヒビール)公式サイト




コメント

はじめまして。
ハルと申します。

記事とまったく関係ない問い合わせで申し訳ないのですが、
「ホットスポットな新年会」のような企画を、
NGOと連携して、カンボジアと日本をつなげてやってみたいと考えています。
詳細自己紹介のコンタクト先にメールを送りましたので、
みていただけるとうれしいです。

お酒の醸造方法、もやしもんというアニメで詳細に解説されていたのを、
思い出しました………。

投稿者: ハル (2008.04.02 17:34)

去年パン作りの為に小麦酵母つくっていたときに、どうも焼酎は意外と簡単につくれるらしいという噂を聞き『趣味の焼酎つくり』という本を買い調べたところ、蒸留って圧力鍋とパイプ組み合わせてパイプを水の中通せば簡単にできそうな事がわかってしまって工作心を刺激された上、「いも焼酎は三日でできる」なんて章を読んでしまいあやうくチャレンジしてしまいそうになりました。
好奇心を抑えて法律に従えるようになった私を誉めてあげたい。
甲類、乙類というのは私もなんだろう?と思ってたけど、蒸留方法だったんですね。勉強になりました。

投稿者: 円海 (2008.04.02 23:16)

ハルさん、
メールしますね。
イベントでも「もやしもん」が話題になってました。

円海さん、
実はその本、今日の昼Amazonに注文しちゃいました。
焼酎作り系で2冊。いや、単なる知的好奇心ってやつで・・・(^_^;。

投稿者: わだ (2008.04.02 23:32)

この本、そそられますよ~
私はいまだにそそられています。

昔みたいに国外へいったり来たりしてたら、多分向こうの工場で暇つぶしにつくる。かの国で勝手にお酒つくるのが合法かどうかわからないけど(^_^;)

なんでも自分でつくるって楽しいですよね。今年は土嚢袋で有機肥料つくったので、葉ニンニク、バジル、大葉、伏見甘長唐辛子、唐辛子を栽培予定です。

投稿者: 円海 (2008.04.14 22:49)

円海さん、
届いて1冊読みました。
なあんかあれです、ロマン感じました。

> なんでも自分でつくるって楽しいですよね。今年は土嚢
> 袋で有機肥料つくったので、葉ニンニク、バジル、大
> 葉、伏見甘長唐辛子、唐辛子を栽培予定です。

すごいなあ。
ベランダのある家に引っ越したくなります。
そういえば、昨夜うちに遊びに来ていた女性が、自分のRSSリーダーで「B型悪魔系」を見つけ、なんかはまってました。

投稿者: わだ (2008.04.16 00:51)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/40735697

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

3月31日(月)に開催されたAMN主催のブロガーミーティングに参加いたしました。 →「「ASAHI SHOCHU LAB」ブロガーミーティングのお知らせ|関連イベント情報|お知らせ|Agile Media Network」 今回のブロガーミーティングは、AMNとアサヒビールが共同で催しますイベントになります。 アサヒビールといえばスーパードライなどのビールがとても有名な会社ですが、食や健康、様々な酒類にも精力的に取り組んでいる会社です。 その取り組みの一環として行われる"焼酎"を...(2008.04.02 20:18)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ