当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

SEOは職人気質の日本人向き?~大内範行氏に聞く (1)

2008.04.14 インタビュー企画 C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真SEOの第一人者として知られ著作も多く、現在はウェブプロデューサーとして数多くの企業サイトの企画&コンサルティングを手がける大内範行氏。

私自身、講演や書籍を通して、多くのことを学ばせてもらった、ウェブビジネスの世界の中で大変尊敬する先輩のひとりだ。

●大内範行のプロフィール(大内プロデュース)

写真●できる100ワザGoogle Analytics(大内範行 著)
●できる100ワザSEO&SEM(大内範行 ジェフ・ルート 安川洋 江沢真紀 著)


昨年アフィリエイト・カンファレンスの基調講演で講師をされていた時から「いつかインタビューを申し込んで、ブログ記事にしたい」と目論んでいたのだが、やっとそれが実現した。

これから4回にわけて、そのインタビュー内容をお届けしていきたい。

 
 

SEOは職人気質の日本人向きだった!?

写真正直、僕も驚いています。
SEOのブームが非常に長く続いていることに。

マイクロソフトでMSNにいた時に検索エンジンのキーワードに出会い、
「これはもしかすると何かあるかもしれない」
と、個人で組織を作りSEOの仕事を始めたのが2000年頃。

当時はまだ知っている人も少なく、商売にはしにくい環境でした。
リスティング広告なども始まって、本当に盛り上がってきたのは2005年あたりじゃないですかね。

プレゼントキャンペーンやクリック報酬広告、メールマーケティングなど、インターネットのマーケティングには様々なものがあって、どれも非常に流行った時期があったけど、同時にどれもすごく短かった。「SEO」もひとつのマーケティング用語になったけど、そんなに長くブームが続かないだろうと言われていた時期もありました。

写真

でも一過性のものでは終わらず、むしろ裾野が広がっている。

これって、すごく根本的な部分につながっているんです。

人が探しものをしているところに、自分達が作っている情報などがぴったりマッチングする。広大な海の中に急に赤い糸が引かれてゆくような感じ。

これまでのマーケティング手法とは違った、
インターネットという世界に非常にあっている手法なんだと思います。

写真

もうひとつ、SEOって日本人に向いているんです。
これはお客さんと話をしていて実感しました。

日本人は、工場の「改善」と同じように、いいものを作るため、細かいところまでディテールを詰めてゆくという作業を得意としています。
職人気質で作りこむことが上手な民族といえるかもしれません。

細部まで気を使って作り込みをすれば、よりよいサイトができあがり、人が集まってくる。そこが理解できれば、日本人は一生懸命取り組んで、いずれアメリカのSEOを追い抜くだろうと思っていました。

ただ、日本人には非常に向いているという反面、
目標を失いがちという点もあります。


> 続く


写真



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/40847742

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ