当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

過熱化するSEOブーム~大内範行氏に聞く (3)

2008.04.16 インタビュー企画 C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真本当に大事なことは、どういうコンテンツを作り、ユーザに楽しんでもらったり、居心地がいいと思ってもらったり、また訪れようと思ってもらうこと。

本来そのための手段としてSEOがあるべきだと思うんですが、ただ順位をあげたいという方向に向かっていて。

極端なことをいうと、中身はどうでもいいから、この言葉で上位に来たいんだ、と。
それはちょっと、本末転倒かなとも思います。

SEO自体の目的化

SEOブームの中で、SEOを商売にする人もたくさんでてきていて、「リンクを集めていくら」というようなものもでてきている。
最近ぼくたちのところにもこんな質問がすごく増えているんですよ。

写真「大内さん、このリンク買っても大丈夫?」って。

いいコンテンツを提供するという部分が抜け落ちてしまって、ただ集客できればいいと。

でもいくら順位があがっても、集まってきた人がすぐ離れてしまうようなことでは、結局何のためにやっているのかわからないわけです。

偉そうな言い方になってしまうかもしれませんが、人を惹き付けるのってそう簡単なことじゃないですよね。化粧したからって、誰でも男の子がジャニーズのようになるわけじゃない。
やはり体も訓練して作って、内面を磨いて、話す内容とかもちゃんと考えなくてはいけないんです。

SEOを安易な戦術として考えて、お金さえ払えば順位があがるといったようなモードにスイッチが入ってしまうのはやはり・・・。

写真

しっかりSEOやっている会社としての差別化ですか?
難しいですよ。

それこそ「5分でやせられます」と語る業者が山のようにいる世界の中で、「いや、そんな方法でやせてもだめなんですよ」と一人が言っても、誰も聞いてくれないでしょう。

ぼくらのような会社で、SEOだけで生きている会社は化石に近い存在になってきています。


> 続く



●大内範行のプロフィール(大内プロデュース)
●できる100ワザGoogle Analytics(大内範行 著)
●できる100ワザSEO&SEM(大内範行 ジェフ・ルート 安川洋 江沢真紀 著)



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/40847756

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ