当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

これも偽装?“JAPAN”と書いてあっても実は中国製

2008.09.20 C(10) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真旅行でお土産のこと考えていると疲れちゃうので、自分は最後の1日とかにまとめてどかっと買う方式にしている。

結構真剣に探したのは、アラビア語も勉強始めているという人用に欲しかったアラビア語Tシャツ。
表には「アナ・ムシュ・アイズ」(私は欲しくない!)と書かれている。

写真

背中には「金は欲しくない」「銀も欲しくない」と、いろいろ欲しくないものが書かれている。完全に「観光地用ジョークTシャツ」だ。

写真

もひとつはこれ。
エジプト人が三人手を広げて「バクシーシ」(チップ)連呼。

写真

背中にもちゃんと後姿。
なかなかキュートだ。

写真

あとアラビア数字の腕時計も発見。

写真

すぐ壊れると思うけど購入!

写真

「WATER RESIST 50M」って、これは絶対嘘だよなあ。

写真

しかし札を見てびっくり。


なんと「TOKYO JAPAN(日本)」とある。


その上には「Japan CBM Corp」という会社名も。

「これ日本製だってよ」
「心配するな。日本製って書いてあっても実際は中国製だ」
「あ、そうなんだ。なら安心・・・のはずないよ~!」


なんだかなあ。


「日本製とあるほうが売れるから」
「(本物の)日本製はとても質がいい」

とにこにこしながら説明してくれたけど、うーん、微妙だ~。
そんな“偽装日本製”がたくさん中東にでまわっているのかと思うと。

スークを歩いていても、洋服から文房具、キッチン用品に家電製品まで、とにかく「中国製」だらけだ。昨夜訪れた知人も、「最近はなにもかもが中国製になっちゃって・・・」と、ややうんざり顔で語っていた(エジプト製よりはずっと質がいいと思うんだけど)

写真

ホテルに帰ってくる少し前に、包丁も購入。
これはモロヘイヤスープを作る時に、モロヘイヤを細かくみじん切りにするのに使う。左右にゆらゆら揺らすのだ。

写真

ところが近づいてみてびっくり。
こちらにも「JAPAN」の文字。

「日本製だってよ!」

ヌビア人だという感じのいいお店のおじさんに言うと、やはり同じ答えが返ってきた。

「ステンレスが日本製なだけで、実際には中国で作ったものだ。安心しろ」

うーむ。
まああまり気にしないでおこう。

そのうち、世界中のどこに旅行してお土産を買っても、
すべて「隣国からのインポート品」になる日も近いだろう。

写真

あと、これは数日前に郊外の巨大ショッピングセンター内の巨大スーパーを訪れて買ったもの。エジプトや中東諸国で飲まれている、レンズ豆のスープだ。3種類をいくつか購入。

写真

これは香辛料のクミン。
市場で買えばキロいくらとかで激安に買えるんだけど、そんなにあっても仕方ないし、人にあげるにも不便なので。

(ついでにいうと、昔そういう形で香辛料かお茶か何かを買ったら、「きっと日本には存在していなかった」何か虫が押し入れから大量に発生してしまい、家の中が大変なことになった)

写真

そしてハイビスカス茶。
これは5個も買っちゃったけど、かさばるし、つぶれないようにパッキングするのがちと大変で後悔。

写真

最終日に購入した音楽CD。
友人からの頼まれ分1枚含め、3枚を購入した。

(YouTubeでエジプシャン・ポップを聴くことができます/結構面白いです!)

写真

歌のタイトルが英語でも書かれているもののほうが、お土産には適している。

写真

これは、郊外のモール「シティー・スターズ」内のスーパーマーケットで見つけた定規。

写真

なぞるだけで、誰でも簡単にアラビア語が!って代物だ。

写真

これはホテル下の店で購入したなつめやし(デーツ)。
種をくりぬいて代わりにアーモンドを入れているものは高級品。

ひと箱6ポンド(120円)だった。

写真

そして、これが一番の高級品。
オーダーメイドで名前を入れたカルトューシュ。

写真

つや消しのシルバーだ。

写真

どちらも、なかなか作りがよく満足。



コメント

レンズ豆のスープは、写真を見ると、ポタージュかしら?

レンズ豆ってひたしておかなくても、いきなり煮ても食べられるので、すごく便利。
我が家では常備しています。

投稿者: 森田慶子 (2008.09.20 10:03)

> レンズ豆ってひたしておかなくても、いきなり煮ても食べられるので、すごく便利。
> 我が家では常備しています。

そうなんですか。
今度買ってみます。

このスープ、ポタージュで、かぼちゃスープとかみたいな感じでおいしいです。

投稿者: わだ (2008.09.20 10:07)

個人的なエジプトの思い出といえば、
50円玉を欲しがられたことですね。
穴のあいている硬貨って、世界的にも珍しく
港のそばで50円を求めるオジサンが複数人いた。
5円玉っていうのもあるんだよーって教えてあげた。

アレキサンドリアの話だったんじゃないかと思う。
50円あげると、代わりに何をくれたっけなぁ?

あと、アレキサンドリアのスーパーにオクラが山盛りで、
「OKRA」って書いてあったのも衝撃的だった。
(英語併記でした……いや、フランス語だったのか?)
オクラってアフリカ北部原産なんですよねー。
でもその時までオクラが日本語以外である可能性について考えてみたことが無かったんですよ。

投稿者: PhotoPierre (2008.09.20 16:19)

初めまして。
昨日わださんの本を読ましてもらいました。(ひとつのブログで会社が変わる)
で、興味をもち、ぶろぐを拝見させてもらいました。

面白いですね(●^o^●)

特に、3500円以内で泊まれる東京のホテルが良かったと思います。
近いホテルがありますので、今度試しに泊まりに行きたいと思います。

今度は違う本をよまさしてもらいたいと思います。
頑張ってください!!

投稿者: リュウタ (2008.09.20 18:42)

偽装についての記事かと思いきや、ただのお土産紹介で拍子抜け。

こちらのブログをずっと見てる人ならそうは思わないんだろうけど、
livedoorで見出しを見つけた人は絶対に中国の偽物商品についての
問題を扱ってる記事だと思うはず。

日本国内で偽装問題が社会問題になってる中、特にそれを問題視・
問題提起してるわけでもなくて、日記として・お土産紹介としての
記事なら、初見の人にもそう受け取ってもらえるようにタイトルを
工夫がしたほうがいいんじゃないかな?

投稿者: mk (2008.09.21 11:47)

文房具好きな私としては、
なぞるだけで簡単にアラビア語が書ける
定規が大ヒットです♪

一文字の一文字の読み方や
使い方の解説書がついてるとありがたいですね^^

投稿者: とことこ散歩 (2008.09.21 12:51)

mkさん、
がっかりさせちゃってすみません。
初見の人も意識するようにします。

とことこ散歩さん、
あ、そうですね。
お土産として渡すときには、アラビア語の本のアルファベッド解説のページをコピーしてくっつけてあげるようにしようと思います。

投稿者: わだ (2008.09.22 11:07)

PhotoPierreさん、
ああ、確かに穴のあいたお金って珍しいですよね。日本にいるとなれちゃってますが。
今度旅行に行くときは、五円玉を多めにもっていっちゃおっと♪
オクラ、実は自分もギリシャかどこかで見て、びっくり仰天してました。

リュウタさん、
本ありがとうございます。
3500円以内ホテルは、一度泊まってこんな感じかと知っておくと、いろいろ便利な気がします。自分は数か月前に、友人数名と合宿しました。

投稿者: わだ (2008.09.22 11:11)

つ~か、時計の「Japan CBM」ってのは、シチズンシービーエムの英語名称かもしれんが、「O&O」ってのは完全にパチモンでしょ、それは(爆笑)>Q&Qだしね。

まあ、何でもかんでも「MADE IN JAPAN」って書いておけば日本製信仰のの強い海外の方々も安心してくれるし、本当に細かいところを見ない限りは最近の中国製品でもかなり上手に作ってますからねえ>でも肝心なところが今一歩、ってところが何ともだめですね>中国製。

しかしながらネタには事欠きませんねえ>MADE IN JAPAN(笑)。

#つ~か、当の日本人は「MADE IN JAPANだと
 高すぎて買えない!!」とか言って、中国製品
 ご愛用だったりしますしね、これが(苦笑)。

投稿者: ばなな@HOTSPOT (2008.10.11 08:11)

ばなな@HOTSPOTさん、
> つ~か、時計の「Japan CBM」ってのは、シチズンシー
> ビーエムの英語名称かもしれんが、「O&O」ってのは完
> 全にパチモンでしょ、それは(爆笑)>Q&Qだしね。
ああ、そうか!CBMがなんだか全然わかってませんでした。
でもこういう偽装ものが増えちゃうと、「MADE IN JAPAN」への信頼が揺らいじゃいそうですね。

投稿者: わだ (2008.10.13 17:30)





トラックバック

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ