当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

ギリシャ最終日~食肉&魚の市場に行く

写真ガイドブックには「現代のアゴラ」と書かれている場所。実際、バス停にもそう書いてあった。

アゴラというと、世界史で習ってテストにもでてきた記憶があるが、ここ、実際には食肉と魚の市場。アテネのど真ん中にある。

写真

なっかなか迫力ものだ。
牛肉中心に、豚や鶏などいろいろな肉が、値札付きでガラスケースの中にぶらさがっていた。

写真

ケースの前にはマナ板と巨大な肉切り包丁が置かれていて、客の注文に応じて、どでかい肉の塊から肉をそぎ落とすように切りだしたり、ぶつ切りにしたりしていた。

写真

こう見ても、どの部位なのかよくわからないので、高いのか安いのか見当もつかない。

写真

ステーキ用だろうか。
日本人の自分的に唯一「買えそう」な気がするのがこのあたりのお肉だった。

写真

見るからに観光客な自分にも、「どうだい、買っていかないかい!」「いい肉あるよ!」的なことを威勢よく楽しく声をかけてくる人が多く、歩いているだけでも結構楽しい。

ただここでも一番多くかけられた言葉は「ニイハオ」。
中国人観光客、本当に多いんだなあ。

写真

こっちは魚。
なぜか急に日本的な風景のように思えてしまうから不思議だ。

写真

街のど真ん中にあるので、
お客さんも普通の主婦とかだ。

普通の主婦にしては、肉の買い方がめっちゃ豪勢な気もしてしまうけど(100g単に買う日本人的には)。

写真

自分が前日に食べた、揚げた魚はこれみたい。
見た目はちっちゃないわし。

写真

おいしそう。
牛肉の塊見てもそう思わなかったけど、魚だと食欲をそそられる。

写真

ここの魚はすべて反り返っていた。
「生きの良さ」を伝えるポーズなのか。
(どの魚もこんな風に反り返った状態保てるとは思えないから、種類によるのかな?)

写真

そしてタコ。
これをフライにして、レモンかけて食べるのもポピュラーらしい。

写真

イカも。

島ではよく、「タコ・イカあるよ」と日本語で声をかけられたっけ。
シーフードは、観光客用のレストランで食べるとかなり値が張るので、結局入らず終わっちゃったけど。

次にギリシャ来る時は、ユーロ高に負けない資金を携えて、おいしいものを食べまくるぞ!!!



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/42406865

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ