当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

ラマダーンの夜はお買いものしたり夕涼みしたり♪

写真アハマドの奥さんと子供たちと5人で、夜、外出した。本当はダウンタウンまででかけ、その後親せき宅に行く予定だったのに、急に父親アハマドが「人混みすごいので行かない」といいだしたもんだから、夫婦・親子で大ゲンカが始まり、大変なことに。

前夜からずっと楽しみにしていた長女ヤスミーンは、大げんかの後に泣き出しちゃうし、次女マルワは一生懸命笑顔を作りながら「アティコ、アイ・アム・ソーリー」とか英語で言ってくるし(真ん中の子なりに、家族の中でいろいろ気を使ってるんだろうなあ)、自分はどうしようもないので、「マーレーシュ(気にするな)」とか笑い返しながら邪魔にならないようにテレビ見ていたり。

写真

結局、妥協案として「近所に買い物(歩いていけるところ)」「その後クラブ・ザマリックに出かける」ことになった。いきなり入ったのは、なつめやしやナッツ類、お茶などを売っているお店。

写真

自分もせっかくなので、ハイビスカス茶(カルカデ)を購入。

写真

1kg30£(600円)くらいのものを、1/4kg。
キロ単位で売っているものは「半分」「1/4」などの単位で買うことも多い。

(グラム単位の価格はあまり表示されていない)

写真

一番多いのはやはりなつめやしを干したもの。
大きさや質によって価格がかなり違うみたいだ。

写真

からからに干からびていて、ちょいカビみたいな白いものもついていて、正直あまり食欲はそそろないんだけど、地元の人は適当につまみながら味見していた。

写真

そして靴とバッグを売っているお店に。
いくつかの店を見比べてなどせず、ヤスミーンもマルワもあっさり「これ」と決めた。

この写真は、母親が最後の値段交渉をしているところ。

外国人旅行者だと、観光客向けの値札ついていない店で、3倍などふっかけられたところからの交渉が始まるが、もちろん地元向けのお店はすべて値札がついていて、ディスカウントも、数多く買ったりしないと気持ち程度だ。

この時は、55ポンドを50ポンドに丸めさせようといろいろ交渉していたが、結局一個しか買わなかったこともあり、言い値の55ポンド以下にはならなかった。


写真

観光客向けのお店などでなければ、旅行者でも同じように「ほぼ定価での買い物」ができる。
問題は、値札が「アラビア語の数字」で書かれているということ。

これは「55ポンド」と書かれている。
丸が2つ並んでいるのが「5」で、その上の右向き矢印みたいなのが「£(エジプト語で“ギニ―”)」の意味だ。

写真

慣れるまでちょっと大変だが、文字と違って0から9までの10個しかないので、覚えようと思えば簡単にマスターできると思う。

(そもそも自分たちが使っている“アラビア数字”の起源なわけだし)

写真

そして、ザマリック・クラブへ。
かなり広い敷地内にテニスコートやプール、サッカー場、ジムなどいろいろある、会員制のスポーツクラブだ。

家族全員で会員になっていて、ヤスミーンはバスケットボールを、マルワは水泳をしているとのこと。

写真

ここはラマダーン限定で設置された屋外のカフェ。

写真

スーダン人のバンドが入っていて、生演奏やダンスを楽しめる。

写真

(ビールはもちろんないので)マンゴージュースやカルカデなど飲みながら、豆をつまむ。

写真

遅い時間にもかかわらず、日本で言うと「休日の遊園地」並みの人出。
時間は夜中0時過ぎだ。

写真

プールのまわりもカフェのようになっている。
エジプトでは、夜のプール周辺は、夕涼みの人で結構にぎわう。

結婚式・・・というか披露宴みたいなのをプールサイドで開催する人もいる。

この時は、夜中だったにもかかわらず、ゴールが設置され、ウォーターボールの練習が繰り広げられていた。

子供達はやっぱりダウンタウンに未練があったみたいだけど、
自分はラマダーンナイトらしい過ごし方をエジプト人家族と一緒にできて満足。

「今日は本当に楽しかったよ。ありがとう」

と言ったら、次女のマルワもほっとした表情で微笑み返してくれた。

写真

記念写真♪



コメント

「ふつう」が見えて、おもしろいです。
楽しみに読んでます。

投稿者: 森田慶子 (2008.09.14 00:27)

森田さん、
やはり知り合いがいると、旅行は二倍楽しいですね。
とりわけラマダーンの時期は、面白いなと思いました。

投稿者: わだ (2008.09.16 05:53)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/42467449

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

わずらわしい審査も一切ナシで借りれるのでお手軽に貴方だけの住所が持てます。身分証不要の私書箱なので個人情報が漏れる事もありません。(2008.09.14 23:44)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ