スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

イスラム地区散策

写真一年も住んでいたのに、結局ほとんど観光せずに過ごしてしまっていた。

今みたいに地下鉄もなく、タクシーをそんなに使えない学生の身分では、移動は人が鈴なりの路線バスを乗り継ぐ他なく、なかなか出かける気力がわかなかった。

まあ、でもおかげで、
今こうして観光旅行にこれているのだからいいとしよう。

カイロに戻って2日目(9/6)は、イスラーム地区を歩いてモスクめぐりすることにした。

写真

イスラム教徒が9割を占めるエジプトでは、
街の至る所にモスクがある。

集会場みたいな小さなものから、歴史ある巨大なものまでとにかくたくさん。
一日5回の礼拝のときには、モスクの拡声器から礼拝を呼びかけるこぶしがきいたアザーンが流れてくるので、「あ、ここもモスクだったのか」とホテルにいても気づく。

写真

オスマン朝時代の建物がそのまま残るアンダースン博物館というのにも立ち寄ってみた。

写真

博物館といっても、展示されている収蔵品はそんなにはなく、むしろ建物そのものと家具調度を見学するといった場所だった。

写真

映画の世界にトリップしたようで、なかなか面白い。

ただ「ひとりでまわりたい」といったのにずっとついてきて最後にチップを要求するスタッフがいて(すべての観光客に誰かスタッフがついてまわっていたので、それが普通になっているみたい)、ちょっと気分的に面倒だった。

もともと入場料が30ポンドと高めで、特に説明受けたり写真撮ってもらったりもなかったので、チップは拒絶したけど。

写真

モスクの特徴のひとつでもある尖塔(ミナレット)。
実は国や時代によっていろいろな形があるのだが、ここエジプトのイスラーム地区では、さまざまな時代のミナレットを見ることができておもしろい。

夜、たまたま訪れたモスクで登らせてもらうことができたんだけど、中は狭いらせん階段になっている。上からの眺めは最高だ。

写真

巨大なモスクが2つ並んで立つサラッディーン・アイユーブ広場あたりにくると、警察車両がたくさん止まっていた。ここも夜はものすごい混雑状態になるのかもしれない。

写真

スルタン・ハサンモスクとリファーイモスク。
ここも、住んでいた時はよくバスの乗り換えなどで通っていたんだけど、一度も周辺を歩いたことがなかった。

写真

モスクは、礼拝の場所だし、地元の人の集会場のようなものなので、基本的に自分は、中に入らない。やはり異教徒(というか無宗教なんだけど)が、観光目的でカメラ持って入っていい場所ではないような気がするので。

ただ、ムハンマド・アリ・モスクやここみたいに、入口にチケット売り場もあって観光地化しているところは入りやすい。もちろん、肌見せない服装だったり、礼拝の邪魔を絶対にしないなどの気遣いは必要なんだけど。

(でも、普通にペットボトルの水を歩き飲みしながらモスク観光してる白人観光客とかいて、ちと仰天/この時期は普通、観光客も地元の人の前で日中に飲んだり食べたりはあまりしないもんなんだけど・・・)

写真

高い天井からつるされた無数のランプが見事。

写真

室内では明かりがともされていて幻想的。

写真

しばし絨毯の上で休息させてもらった。

モスクはそんなに固い場所でもなく、礼拝している人がいると思うと、反対側では壁によりかかってまったりしてる男性がいたり、子供たちが走り回っていたり、「地区の集会場」っぽい感じだ。

自分などは、「礼拝」ときくとすごく特別に神聖なもののように思ってしまうのだが、イスラム圏では本当に日常生活の一コマ。

駅の一角やホテルのラウンジや雑貨店のレジ横とか、
いろいろなところで敷物を敷いてお祈りをしている人たちがいる。

すぐ横では子供が賑やかに遊んでいたり、世間話してる奥さんたちがいたりもして、そういう風景を見慣れていない人からはちょっと不思議な気がしてしまう。

写真

ラマダーン中は特にみな信仰心がいつも以上に強くなるのだという。
実際、いつも以上に、街中や地下鉄の中などでコーランを読誦している人の姿を見かける。

昨日は、地下鉄の女性専用車両の中で、近くにいた二十歳前後くらいの若い女性が、いきなり大きな声でコーラン暗誦を始め、びっくりした(普通は割とひとりでつぶやくように読誦している人が多い)

写真

高台にたつムハンマド・アリ・モスクもすぐ目の前。

写真

誤解していたことのひとつに、ラマダーン中は日中、食べモノを売る店はすべて閉まるのかと思いこんでいたがそんなことはなかった。

ラマダーン中に特に多く消費される甘いお菓子など、街中のいたるところで売られている。
もちろん夜用だ。

写真

果物や野菜なども、たくさん売られていた。
道行く人がなんかどんよりした感じなのは、おそらく前日かなり夜更かししているのと断食中なためだと思う。
(地下鉄のホームなどでも、ベンチでうたた寝してる人がすごく多い)

写真

フレッシュジュース屋とかどうなってるんだろう?と思ったら、持ち帰り用のタマルヒンディをビニールに入れて売っていた。これも、日没後に飲む胃にやさしい飲み物とのこと。

写真

バス停(らしきところ)でバスを待っていたら話しかけてきたおじいさん。
英語が流暢で、パレスティナ人とのこと。

日本が円借款などでエジプトやパレスティナへの援助をかなりしていることをよく知っていて、「日本人に感謝している」と繰り返し言っていた。

ここでそんなことを言われたの初めてかも。

資源安保の関係もあって、日本はかなり中東諸国への国際協力をしてる。
自分も詳しくないけど、エジプトにいると、「これも日本の援助で建てられた」というような話をよく聞く。

ホテルに戻りシャワーを浴び、
夜は隊商宿を舞台にしたタンヌーラという旋舞ショーを見に行ったんだけど、その話はまた別途。



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/42417126

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ