当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

日本HP「HP Mini 1000」新製品発表会

2008.11.26 パソコン&周辺機器 C(5) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

HP Mini 1000昨日、表参道ヒルズで開催された日本HPの「HP Mini 1000」新製品発表会に行ってきた。

ネタ的には非常に面白かったので、本当ならガッツリとレポートしたいところだが、なにぶんにも仕事のほうが師走進行に入り始めていてモロモロ非常にヤバイので、写真並べてさらりと。

冒頭の写真は、米HPシニアバイスプレジデントのサティーブ・チャヒール氏。
コンシューマ向けPC市場の動向や、同社の製品戦略などについてのプレゼンテーション。


◇◆【ミニノート新登場!】 HP Mini 1000 ◇◆


ファッションショーで、モデルがキャットウォークを同社パソコン抱えて歩いている映像がインパクトあった。

HP Mini 1000

そして、プロダクトマネージャの菊地友仁氏。
めっちゃ若く見えたんだけど、いくつだ!?

(・・・というのはどうでもいいネタだが)新しく発売されるミニノートPC「HP Mini 1000」を紹介。

HP Mini 1000

そして再びサティーブ・チャヒール氏が登場し、スペシャルエディションをプレゼンテーション。
これがとにかく華やかで美しい。

これまでも女性向けに明るい色のパソコンなどはあったが、こんな、パーティードレスのようなデザインのものは見たことなかった。

私はパソコンはやはり仕事道具なので、色としてはブラックやグレーを好むんだけど、これ発売されたら、間違いなく自分の周りの何人かは、半年以内に買うだろう。価格も安いんだけど、むしろデザインで選んで。

「低価格パソコンが、これで一気に女性の間で広がりそう」

そう思った瞬間。

HP Mini 1000 HP Mini 1000

デザインしたのはビビアン・タム氏。
ファッションデザイナーだ。

中国の花、芍薬をあしらい、キーボードも赤。
触った感触にもこだわり、エンターキーには「喜」という感じをふたつ並べた漢字、ダブルハッピー。

(中国でよく見るあの漢字ゆうかマークが、喜×2だったことを初めて知った)

HP Mini 1000

ここで、ゲストとして登場した要潤さん&椿姫彩菜さん。
ブログで写真使っていいかどうか確認し忘れたので、遠景で。

(これなら顔識別できないから、仮にNGでもまあ怒られない範囲だろう)

今回はメディア向けの新製品発表会だったので、ゲスト交えてのトークショーの後にフォトセッションがあったんだけど、自分はそこを抜けだして、プレス会場外ホワイエに設置された「タッチアンドトライ」に。

かっちょいい要潤より・・・


指紋ベタベタになる前の実機が見たい!


HP Mini 1000

今まで日本HPのパソコンは買ったことも検討したこともなく、
またUMPC(ウルトラモバイルPC)も、先日のエジプト旅行の際に「壊れてもそんな惜しくないパソコンって長期海外旅行にいいよな」と思った程度。

レッツラーだし。

なもんで、今回の新ミニノートも「話のネタに」程度で見にきたところが正直あったんだけど、実物見て非常に興味もった。

HP Mini 1000

これはいいかも~。

キーボードがものすごい打ちやすいのだ。
まだスペックちゃんと見ていないんだけど、液晶10.2型ワイドなら、自分が使っているLet's Note Rシリーズ(10.5型)の横幅とそんな違いないと思うんだけど、タイピングした感じでは、こっちのほうがキーボード広く感じる。

そして非常に指になじむ。

HP Mini 1000

外出先で使う場合には、むしろそんなにキーストロークがないほうがいいような気がしていて、これなら電車の膝の上とかで、あまり指動かさないで静かにカタカタやれそうだ。

HP Mini 1000

これは、一緒に出席したMONO-PORTAL共同運営者、岩田さんの指。
男性で、割と手が大きいほうだと思うんだけど、まったく狭い感じはないとのこと。

直近3か月で2台のパソコンを買ってる岩田さん、これも買いそうな雰囲気あったなあ。

ちょっと待って、岩田さんが飽きた頃に安く譲り受けるというのもひとつの手かも。

ちなみに気になるお値段は・・・


「4万9980円」


だ。

HP Mini 1000

最近たくさんでている格安ノート。
まあ、すべてにおいて「必要最低限」の割り切りパソコンというイメージがあったんだけど、これはデザインにもこだわっている。

角も丸みを帯びていて、恐らくぱっと見で「5万円以下」とは思わないだろう。

ただコネクタ類は少ない。

HP Mini 1000

外部モニターへの出力も、間に何かコネクタが必要みたいだ。
メモリカードなども、USBでリーダーをつけないといけない。

HP Mini 1000

カタログに「拡張コネクタ」というのがあったので、ドックみたいなのが発売されるのかもだけど。

HP Mini 1000

両サイドにUSBポートがあるのは嬉しい。

HP Mini 1000

嬉しいなあと思うのは、この価格帯のパソコンなのに、削られていないものがいろいろあること。

本体手前には、無線LANをオフにするボタン。
省電力のため、いちいちネットワーク設定画面で無線LANをオフにするのは面倒だ。これがあると助かる。

HP Mini 1000

岩田さんが評価していたのは、このタッチパッド。
なかなか使いやすいそうだ。

タッチパッドの上部にある小さなボタンは、タッチパッドをオフにするボタン。

ただ文字だけを打ち込んでいるときなど、手の付け根がここにあたってしまいカーソルを動かしてしまうことがある。そんな時にはこのボタンでオフにしておけば、単なるパームレストになる。

HP Mini 1000

WEBカメラも。

HP Mini 1000

そしてこっちがスペシャルエディション。
発売は来年で、価格も未定とのこと。

いくらくらいになるんだろう?

何にしても通常版(4万9980円)+αくらいで発売されるんだろうから、
大学生・主婦層の間でも広がりそうだ。

個人的には、デザインは素敵だと思ったが、キーボードの感触は通常版のほうが気持ちいい(指にひっかかる感じがちと苦手)。

HP Mini 1000

リターンキーに注目。
これが、「喜×2」のダブルハッピー。

「リターンキーを押すごとに幸せが・・・なんてことはないんですが」なんて菊地氏。

いやいや、照れずに「リターンキーを押した数だけ幸せになります」って言いきっちゃっていいのに。真面目な人なんだなあ。

HP Mini 1000

ってことで、当面、HPの直販サイトのみでの発売となるこのミニノート。

アフィリエイト的にも注目すべきモデルだと思いますよん。


●おまけ:その後すぐ近くで「UP」初体験する岩田さん

HP Mini 1000


(岩田さんが半年以内に「HP Mini 1000」購入するに1票)


・・・つか、本当に「さらり」予定だったのに、
結局1時間もかけてしまった・・・泣



◇◆【ミニノート新登場!】 HP Mini 1000 ◇◆



コメント

通常版のキーボードがものすごい打ちやすいのに対して、
スペシャルエディションで、「指にひっかかる感じがちと苦手」とあるのは、
キーにそりがあるかないかに違いですか?
普通の格安miniノートのキーは表面が平らで、打ちづらいというのを聞いたことがあります。

スペシャルエディションのキーは平ですよね。

このレポートの続き期待しています。

投稿者: 温泉美人 (2008.11.26 13:02)

> スペシャルエディションで、「指にひっかかる感じがちと苦手」とあるのは、
> キーにそりがあるかないかに違いですか?

材質が違うんですよ。
通常版は、写真でわかるように少しざらっとした感じというか、なんていうんだろう、いわゆる「つるん」とした感じじゃないんですが(Thinkpadの天板があんな感じだった気がする・・・)、スペシャルエディションは、何が近いかなあ・・・自分の感覚だと、漆塗りの重箱って感じです。あのひっかかる感じです。

そこがこだわりらしいので、人によっては赤のほうが打ちやすいの可能性あるんですが(人が群がっていたのでちょっとしか触れなかった)、なんとはなしに苦手な触感でした。

へこみは確か両方ともあって、その点ではすごく安定感あります。他社の格安ミニノートも店頭でいじったりことありますが、格段にいいです。

投稿者: わだ (2008.11.26 13:14)

買う、内定しています。
大容量バッテリーが欲しいところです(オプションであるかな?)
新幹線往復分の稼働時間6時間が欲しいところです

来年になると各社のcpu性能が上がった新作が出そうなので
スペシャルエディションまでは待てません。

投稿者: すがわら (2008.11.26 23:31)

欲しいなー。。かなり。

投稿者: ゆっぴ (2008.11.29 09:14)

すがわらさん、
バッテリー、平たいやつで裏面にがちゃっとはめ込むタイプでした。大容量はその形状的にないような気がしました。でもバッテリーもいっこ買っておくってのは、可能ならありだなあとも思ったり。

ゆっぴさん、
そそりますよね。これ。

投稿者: わだ (2008.11.29 09:35)





トラックバック

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ