当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

毛ガニの食べ方

2008.12.23 フード&ドリンク C(7) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

カニ

毛ガニといったら「カニみそ」。
こぶりなので足は食べるのがちと大変ですが、細かくほぐれる身は繊細な甘さがあっておいしいんですよね。


●毛ガニの食べ方(2分10秒)





蓋を開けた瞬間に仰天!!《送料無料》北国の三大蟹セット!!

カニ

まずはひっくり返します。
なんかちょっと恥ずかしいのはなぜ?

カニ

足を一本ずつ切り離していきます。
タラバガニやズワイガニと違ってからも結構柔らかいので、解体は楽ちんです。

カニ

関節で二つに切り離します。

カニ

ちっちゃいので少々大変ですが、
太い部分は内側(毛が少ないほう)に2本切り込みを入れます。

カニ

細い部分は、角を細く切り取っていきます。
こうしておくと、後でごりごりほじくりださなくていいので食べやすいです。

カニ

さあ、本体です。
カニみそご対面ですよ!!!

カニ

まずはおなかの三角の「ふんどし」をとりはずします。

カニ

そして甲羅を静かにとりはずします。
この時、カニみそがこぼれないように注意が必要とのこと。

カニ カニ

↑ちなみに同梱されていた「蟹の美味しい食べ方ガイドブック」を見ながらやってます。カニ毎に丁寧に書いてあるのでわかりやすいです。

カニ

甲羅をはずすと、中から見えてきました~!!!
たっぷりの・・・

カニ


「カニみそ」ですよ!!!ろんぴさん!


カニ

びらびらの「ガニ」は食べられないので切り取ります。

カニ

で、身のほうは半分に切って、さらに足の切り口に対して縦になるように半分に切ります。・・・とガイドブックには書いてあったんですが、自分、単純に四つ切にしちゃいました。「足の切り口に対して縦になるように」を理解してなかったですね。

カニ


盛り付けて完成!


カニ






北国からの贈り物「北国の三大蟹セット」


北国からの贈り物より、レビュー用として商品ご提供いただきました




コメント

カニみそ~~~~~。・゚・(ノД`)・゚・。

投稿者: ろんぴ (2008.12.24 00:41)

まさか本当に読みにきてくれるとは・・・。
やっぱ「毛ガニ」の文字に反応しましたね>ろんぴさん

投稿者: わだ (2008.12.24 00:59)

ビラビラって食べないんだね。
富山にいたときズワイを実家に連れて帰り赤い部分を食べたのか記憶にない私。
金沢ではこうばこがにっていってなかの赤いのが入っていないのはカニっていわないんだって。(我が家はスーパーで398で売られている足のむき身を大喜びで食べていたが。)
この正月は旭川からやってくる丸ごとたらばで甥・娘・太郎をおどかして・・・ではなく驚かしてやるつもりです。
タラバはヤドカリ、タラバはヤドカリ。

投稿者: はりま (2008.12.24 13:27)

> この正月は旭川からやってくる丸ごとたらばで甥・娘・太郎をおどかして・・・

思いきり脅してやってください。
赤いのって、カニみそ?

投稿者: わだ (2008.12.24 15:52)

説明不足のため再びコメント。
雌の卵だったと思います。
雌のズワイを「こうばこがに」といって珍重し、雄ののカニは・・・・。

投稿者: はりま (2008.12.25 08:19)

香箱蟹おいしいですよね~。
メスのズワイガニは、オスと比べて、びっくりするくらい小さいんですけど、おなかに抱えた卵がおいしいっ!
金沢名物です。

投稿者: 森田慶子 (2008.12.25 16:26)

はりま、
あそっか。その話聞いたことある。もしかしたらはりまからだったような気もしつつ。蟹の卵って、種類によっても違うだろうけど、ぷちぷちしてておいしいんですよね。

森田さん、
さすが詳しいですね!食べたいなあ。金沢行きたいなあ。

投稿者: わだ (2008.12.26 10:46)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/43482663

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ