当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

浦和に初上陸!(1)

2009.01.23 参加レポート C(3) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

浦和ナイトあの「浦和」に!
(多分)生まれて初めて!!
足を踏み入れました!!!


・・・ってことで、浦和初体験記です。

●浦和ジモティー組

●浦和ゲスト組


そもそものきっかけは、新年会でお会いしたネタフルのコグレさん

「浦和ナイトがある」

とお誘いしてもらい、浦和市民(いや区民か)でもなければ、サッカーのルールすら知らない人間なんだけど、単純に「浦和」がどんな街なのか知りたくて参加させてもらった。

●Chakuwiki「さいたま市/浦和区」

電車を降りて最初に知った事実。

浦和ナイト

浦和には「ユザワヤ」がある。
これは嬉しい。

ちなみに自分、部外者は何か・・・


「赤いもの」を身につけておかないと危険


という根も葉もないうわさを信じ、

浦和ナイト

とりあえず、赤いショールを巻いていった。

でも治安よさそうなので、
別に必要なかったかも。

しかし「赤く染まる町─浦和」というのは本当だった。

駅を一歩でると・・・

浦和ナイト


イルミネーションが真赤!!!
(なんか燃えてるのかと思った・・・)


しかも、サッカーボールがひっかかってるし。

すごい。
まさか駅でて一歩目でこうくるとは。
 
 
 
・・・ところで。
 
 
 
写真右下あたりに、「浦和うなこちゃん」という石像があるのが見えるだろうか?

浦和ナイトの集合場所がここだった。

近づいてみよう。

浦和ナイト

かっ、かわいい・・・。
どんだけ近づいてマジマジ見ても、「うなぎ」に見えないあたりが特に。

デザインは、やなせたかし氏。
そう先に聞くと、つい「おにぎり?」と言ってしまいそうだが。

涎を垂らしているように見えるが、この日たまたまらしく、天気のいい日にどう見えるかは、このページが参考になる。

●もぎたてさいたま情報: 新名物!浦和うなこちゃん石像

浦和ナイト

手にしているうちわは、季節イベントなどによって変わってゆくらしい。
他の人の写真では「祝・成人式」などと書かれているものもあった(当初は蒲焼の赤いうちわだったぽい)。

浦和ナイト

後姿。
浴衣の帯が蝶結び?

・・・とも思ったんだけど、ネタフルさんの記事で紹介されてるイラストを見ると、浴衣ではなく下はもんぺで、前掛けをかけているらしい。

どうも、うなぎの胸びれのようだ。

そして、浦和の観光大使「浦和うなこちゃん」の像を去り、街中に入っていった。

浦和ナイト

路上には、選手の足型。
まさに聖地巡礼の場所。

浦和ナイト

そして至る所にいろいろなサッカーボール。

浦和ナイト

確か、紺色じゃなかったっけ?という伊勢丹までもが真赤。おそるべし浦和。


そうして浦和ナイトは始まった。


> 続く(かも)



コメント

元大宮住人としてはいろいろと語りたいことも有りますが(謎)

浦和と着く駅はJRだけで7つ有ります。

投稿者: みちる (2009.01.23 21:55)

ウラワーウラワーウラウラワー♪(山本リンダ風)

投稿者: うか (2009.01.24 09:06)

みちるさん、
あちこち住んでますね。
それにしても7つはすごい。

うかさん、
なんか耳に残りそうです(笑

投稿者: わだ (2009.01.26 08:19)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/43829614

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

先週のハナシになりますが,「浦和ナイト」を開催しました。 元々は昨年末の「モダフルナイト」で,2009年の新年会を浦和で開催する際はぜひとも起こしください,といつもお世話になっているブロガーさんをお誘いしたのがきっかけ。 ワタシ,そして[N]ネタフルのコグレさん.....(2009.01.24 00:51)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ