当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

「横浜開港150周年記念テーマイベント」に行ってきました

2009.04.23 参加レポート C(5) TB(4) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

横浜開港150周年記念イベント今年注目のイベントといえば、来週4月28日(火)から始まる「横浜開港150周年記念テーマイベント」。
9月27日まで半年間開催されるので、きっと期間中、多くの人が訪れることでしょう。

個人的には、6月から始まる「海のエジプト展」に期待大!エジプト舞踊スクールの友人達と一緒に行く約束をしてます。

●横浜開港150周年記念テーマイベント『開国博Y150』ガイドβ←現地で会った知人の情報サイト

今日は、そんな「横浜開港150周年記念テーマイベント」のマスコミ・地元住民向けプレビューイベントにやってきています(AMNで募集してたのに応募して当選しました)

イベントは、みなとみらい21地区を中心とした広大なエリアで開催されます。
チケットが必要なところと無料で入れるところがありますが、大きくわけると・・・

  • ベイサイドエリア(みなとみらい21あたりのメイン会場)
  • マザーポートエリア(元町・中華街あたり)
  • ヒルサイドエリア(内陸で「ズーラシア」隣接)

の3エリア。

全部まわろうと思うと一日がかりになりますので、JR東日本発売の周遊きっぷ「横浜フリーきっぷ(+あかいくつバス)」で上手にバスを使って、JR桜木町駅を起点に、赤レンガ倉庫街から中華街・山下公園・湊の見える丘公園などにも足を伸ばすのが賢い方法かも。

横浜開港150周年記念イベント

自分がまわったの「ベイサイドエリア」。
全部は無理なので、「目玉」アトラクションをPICKUPしてご紹介します。

  • 巨大スペクタクルアート「La Machine(ラ・マシン)」
  • スーパーハイビジョンシアター
  • 未来シアター「BATON(バトン)」
  • アースバルーン「HOME」


巨大スペクタクルアート「La Machine(ラ・マシン)」

実はここ半月ほど、別件でJR桜木町駅の南側、野毛エリアに通ってるんですが(「日本ジャズ発祥の町」で、素敵な居酒屋やバーがひしめきあう、古きよき横浜の下町です)、ここで会った人の間でも話題になっていました。

巨大生物アート・マシン“生命のある機械”たちが、街を舞台に繰り広げる驚きのスペクタクル!世界中に旋風を巻き起こしている「ラ・マシン」が、開国博Y150にやってくる!

写真だけみていた時には、

「オブジェ?」
「動くの?」
「胴体部分に人が乗ってる?」
「どんだけの大きさなの?」
「いきなり崩れ落ちて大惨事になったりしないの?」

と、ものものしいだけに物騒な想像までしちゃっていたのですが、
目の当たりにした「ラ・マシン」はこんな感じ。

横浜開港150周年記念イベント

ちと、へたってる!?
本当はこの日、午前と午後、二度のアトラクションがあるという話だったのですが、修復だか調整だかで午後の部が急きょ中止になってしまいました。

横浜開港150周年記念イベント

確かにフランス人ぽいおにいさんたちが、機械を取り囲んで、修復だか調整だか一生懸命やってました。ほんのちょっと足が動く様子も見れたのでいいとします。

横浜開港150周年記念イベント

話によると、メカメカしいこの「ラ・マシン」ですが、足や体は木製なんだとか。
パレードもするそうなので、やはり一度は、動いている様子を見に来なくちゃですね。


スーパーハイビジョンシアター

ここでしか体験できない540インチ(なんと約50畳分!)のスーパーハイビジョン。NHKが研究開発している、究極の超高精細映像と迫力の立体音響は、まるで映像の中の世界に入り込んだような臨場感!

うちのテレビが14インチだったから、それの何倍?
みたいな比較はちと発想がチープな気がするのでやめておくとして、実際に体験したスーパーハイビジョンは・・・

横浜開港150周年記念イベント

待ち時間1時間で断念しました(涙
(ちなみに↑は、行きのバスで偶然会ったブログ仲間が、「ブログネタ」に買ったやつ)

プレビューイベントでもこんななんだから、GWとか夏休みはすごいことになりそ・・・。

横浜開港150周年記念イベント

そのかわり「写真だけ撮らせてください!」と頼み込んで(一緒にまわってた人が)、入口とか奥のスペースに入れてもらっちゃいました。プレスワッペンは強力だなあ。

横浜開港150周年記念イベント 横浜開港150周年記念イベント

なにか思いやりの決意を葉っぱの形した薄い紙に書いてバルーンに投じると、上昇気流に乗って、それが舞い上がります。なかなかこれは面白いです。

横浜開港150周年記念イベント


未来シアター「BATON(バトン)」

事前にパンフレットを見て気になっていたのはこれです。
混んでいて見れないんじゃないかと心配だったのですが、収容人数800人だかで、さほどまたずに見ることができました。

横浜開港150周年記念イベント

宇宙旅行が容易になり、惑星間での移民も行われるようになった近未来、惑星アベルを舞台に始まる物語─。過去から現代、そして未来へと、大切な何かを繋ぎ残していく「絆」がテーマのSFファンタジー。

内容は・・・ネタばれはいけないので、やめときます。
軽く感想書いとくと、

「シュールだった」
「えっ、ここでお・・・!?」
「年配層はたぶん困惑気味」

という感じ。

横浜開港150周年記念イベント

実際に行く方は、もし長蛇の列ができていた時にどの程度まで待ってみるかどうかを事前に決めておくためにも、ネットの口コミを多少見てから訪れたほうがいいと思います。


アースバルーン「HOME(ホーム)」

こちらもY150の目玉アトラクションです。
スポンサーは横浜銀行(たしか)。

横浜港の夜空に浮かぶ巨大な「地球」。直径約20メートルの巨大バルーンに映し出される、光と音と映像のダイナミックな地球環境物語「HOME=地球」。監修は宇宙飛行士の向井千秋氏。

横浜開港150周年記念イベント

夜になると、地上に係留されて浮かび上がったバルーンがライトアップされ、かなり幻想的になるようです。昼間は・・・ただの白い(周りにいろんなものが巻きついた)バルーンですが。

夜はナイトウォークなんかもあり、あちこちきれいにライトアップされるとか。
意外に、夕方くらいからやってくるのもありですね。

横浜開港150周年記念イベント 横浜開港150周年記念イベント

横浜開港150周年記念イベント 横浜開港150周年記念イベント

軽く食べられる場所もあります。
中華・韓国料理、洋食、横浜名物といろいろあり、500円程度~というのもうれしいです。

個人的には、友人が食べていた黒船カレー(1000円)がおいしかったです。
トッポギもおいしかったけど、からかった。
思わずビール飲んじゃったほどです(からくなくても飲んでたけど)


+++


駆け足ではありますが、
横浜開国150周年イベントの、プレビューイベント参加レポートでした。

横浜開港150周年記念イベント

GW・夏休みは間違いなく混み合いますので、
できれば早め、GW~梅雨入り前のあたりを狙っていくのがよさそげです。

私は、「海のエジプト展」が始まったらまた来ます。

そして夜は、野毛のバー&居酒屋をはしご♪
横浜は素敵なとこです。


●横浜開国150周年記念テーマイベント公式サイトはこちら



コメント

横浜開港祭ってどうも盛り上がりに欠けているような気がしてたんですが、それなりに楽しそうですね。
夏休み前にチャレンジしてみようかな・・・

話はそれますが、周遊券が鶴見スタートでしたね?
鶴見に訪れたのなら鶴見線にチャンレンジしてみて下さい。面白い路線ですよ。首都圏とは思えないほど本数は少ないですけど。
お勧めはテレビロケでたまに登場する国道駅(国道の上にあるからこの名前)と海芝浦(東芝の工場内にあり、駅から外に出れないけど海際に駅があって景色が有名)がお勧め。
ではでは。

投稿者: toledo (2009.04.23 22:54)

単品で行くと特別興味あるなにかがないと微妙かもですが、中華街とか山下公園とか、いろいろ横浜観光組み合わせていったら楽しい気がしました。

ただ大混雑の中、長蛇の列に一時間以上並んでまでという気もするので、五月六月の、暑くなる前がいいと思います。

鶴見発周遊券は、自分のではなかったんですが、駅名からしておもしろそうですね!

投稿者: わだ (2009.04.23 23:41)

 「夜になると、地上に係留されて浮かび上がったバルーンがライトアップされ、かなり幻想的になるようです」は
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20090423_2/index.html
に写真がありましたよ。

投稿者: はやかわ@元横浜市民 (2009.04.24 11:25)

稚ブログにコメントいただきありがとうございました。
わださんの本は ブログことはじめのときに 購入して参考にさせていただいたので 感激です。
アフィリエイトは そうそうにあきらめてしまったのですが…(笑) 今度見本市に行ってみようかな。。。

横浜は本当にいいところですね。

投稿者: すの (2009.04.30 01:17)

すのさん、
本もご購入いただいたとのこと、ありがとうございます!
見本市は、単純にいろいろな商品や商品にまつわるいろんな面白い情報が得られるので、アフィリエイト関係なく、「ブログネタ」くらいの気持ちでいってみても、楽しめると思いますよ。開港博もまたいってみようと思います。

投稿者: わだ (2009.05.02 12:27)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/44764817

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

待ち遠しいです(2009.04.24 23:22)
4月28日から開催される「開国博 Y150」。 すでに 開国博のチケット を買っ(2009.04.25 02:49)
GWの予想入場者数が40万人という、噂なんですが、そんなに入場できるのか 正直??でいる、ハマッ子のサンファンです。プレオープニングのイベントに 参加して、事前に会場の様子を見てきたので、このルートがいいと思ってます。 横浜開港150周年記念テーマイベント『.....(2009.04.29 19:49)
地元横浜で4月28日から9月27日まで開催されるイベントが #63903;『 開国博Y150 』#63903; 子供に大人気の「たねまる」です。トゥモローパークでショーがありますよ。 AMN様のご厚意によりマスコミ・地元住民向けプレビューイベントに参加してきまし.....(2009.04.29 19:50)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ