当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

光麺「魔法のプリン」

2009.05.02 フード&ドリンク C(2) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

魔法のプリン先日、引っ越し祝いにもらった光麺のラーメンは、おいしくてあっという間に食べ終わってしまった。

自分で改めて買おうと思っていた時、今度は光麺の「魔法のプリン」が届いた。

MONO-PORTALのモニター企画の商品だ。
(担当してるのは岩田さんだけど、スタッフ特権で自分もレビューさせてもらうことに♪)

8個入り。
賞味期限までに1人で食べられるかなあ・・・ダイエット中だし・・・なんて思ってたら奥さん!

魔法のプリン


いきなり2個食べてしまいました(汗


魔法のプリン

プリンは、まるでカスタードクリームのように柔らかく、
お皿にだそうと思ったら、こぼれ落ちそうになるほど。

魔法のプリン

それでカップのままいただくことにした。

「魔法のプリン」の自慢は、この別添のカラメルソース。

魔法のプリン 魔法のプリン

つぶつぶはバニラビーンズだ。

じっくり煮詰めた砂糖を焦がし、バニラビーンズで独特の香りを出します。

そう書かれたカラメルは、なめてみると「そうそう、これがカラメル!!!」という、ほろ苦い味。

子供のころ、よく家でプリンを作っていたんだけど、その時に何度か焦がし過ぎちゃったりしながらも、何回かに一回、絶妙にうまくできたカラメルがこんな感じだったよなあ(もちろん素人の自分が作ったものなんかよりずっとおいしいんだけど)。

そしてプリン。

なめらかでなんとも素朴なおいしさ!!!
違和感のある甘さ・味もなく、甘すぎもせず、卵・牛乳の濃厚~な味を最初から最後まで楽しめる。

魔法のプリン

「卵黄だけ」しか使ってないというのがわかる味。

これは人気でるわけだ~と納得。
(実は、単に「光麺のプリン」というだけで話題なのかと思ってもいたりした)

クリーム状態の本当に柔らかいとろとろプリンなので、別のものと組み合わせて食べてもおいしそう。

たとえば、何か果物と。
もしくはシフォンケーキなどと。

魔法のプリン

残り6個、
あわてて食べず、じっくり楽しもうと思う♪


(と書きつつ、実はこの記事を公開する前に全部食べちゃいました。まじおいしかった)



絶妙な舌触り、とろける魔法の味わい。かつてない光麺スイーツ登場♪マダガスカル産のバニラの...


この記事は、レビューブログ記事専用トラックバックセンター「MONO-PORTAL」にトラックバックしています



コメント

この粒々、バニラビーンズなんですか!? なんて贅沢な~!(汗)
近所のケーキ屋さんでおいしいシュークリームがあったんですけど、それがバニラビーンズたっぷりだったんです。今はそれがすっかり減ってしまって、味にも影響が出てるのですが…(涙)

なので、私の中では「バニラビーンズ=おいしさの証明」みたいなイメージがあります。
やわらかプリンもおいしそうですね~ (´ー`*)。・:*:・

投稿者: sumi (2009.05.03 01:57)

sumiさん、
自分はそもそも、特別なプリンってお取り寄せしたこともないので比べるものもないんですが、おいしかったですよ。クリーム状なので、いろいろアレンジして食べてもいい感じでした(それやる前に、全部食べつくしてしまったのですが)ただ問題は8個からなんですよねえ。1人暮らしだとちとお取り寄せしにくい。
なんで、今度実店舗に食べに行こうと思います(ラーメンもおいしかったし♪)

投稿者: わだ (2009.05.03 02:20)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/44865871

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

  本格中華麺店 光麺(こうめん)って知ってますか?ラーメン屋さんです。 ラーメン屋さんで作った 光麺 魔法のプリン ですよ!! 数あるお取り寄せプリンを食べ比...(2009.05.03 20:34)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ