スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

「スタイルプラス パワージューサー」で最初に作ったフルーツジュース

パワージューサー昨日開梱した「スタイルプラス パワージューサー」。

同梱されていた「取扱説明書&レシピ」にはかなりたくさんのジュースレシピがあり、またセットに入っていた本「カラダにおいしい恵みのレシピ」(80ページ)にも、各種ジュースの他、スープや炒飯、パスタソースなどの料理レシピも掲載されていた。

1日分の野菜や果物を丸ごとぎゅ~~っ☆
スタイルプラス パワージューサー


パワージューサー

何を作ろうか悩むのも面倒なので、
まずは取扱説明書のほうの最初のレシピから試してみることにした。

多分編集の意図としては「絶対に間違いがなく感動するもの」を入れていると思うので。

パワージューサー パワージューサー

徒歩2分のところにある団地内スーパーで果物を調達。
レシピではグレープフルーツとオレンジとなっていたが、オレンジがなかったので、みかんで代用することに。

パワージューサー

両方とも皮をむく。
みかんは、そのままでもいいらしいけど、消毒なんかも結構使っているはずなのでやはりむいたほうが安心。

グレープフルーツ1個とみかん4個。
材料費は、200円くらいかな。

パワージューサー

注ぎ口の下にグラスをセット。
生協で買った100円のグラスがジャストフィット。

作っている様子は動画でどうぞ。


▼スタイルプラス パワージューサー(48秒)


みかんは、小分けにしなくても丸ごと入る。
グレープフルーツは1/3くらいで大丈夫。

特にプッシャー(上部の円筒型のもの)で押し込まなくても、どんどん搾られてゆく。

パワージューサー

そして完成!
実は1杯分にしてはちと材料が多かったようで、途中で止めている。

(並々注がなければ、2杯分くらいだったかも)

パワージューサー


これ、最高!!!


グレープフルーツの酸味と、みかんの甘さが混じりあって、
味もかなり濃厚~。

写真で見てもらってもわかると思うが、かなりドロドロした感じ。
でも特に粒とかが入っているわけじゃないので、飲んでざらざらするとかいうこともなく、滑らかだ。

体にビタミンがすっと染みわたる感触がなんともいい。

外出先で疲れた時など、
よくデパ地下や駅のフレッシュジューススタンドに立ち寄る。

かなり小さなカップで200円とかし、オレンジなど粒っぽさも残っていて今一つな印象があったので、自宅でこれが作れるなら、こっちのほうが断然いい。おいしい。

パワージューサー

感動したのは、搾りカス。
粒とかたくさん残ってしまっていたらもったいないと思ったんだけど、実際にはこんな感じ。

薄皮(小袋)などをきれいに取り除いてくれていて、
まだ搾れそうな粒などはまったくない。

(蓋の内側にもたくさん残っていたので、これが搾りカスの全量というわけではない)

ニンジンとか青菜とかだとまた別なのだろうが、
かんきつ類の場合、搾りカスはこのまま廃棄で特におしい気はしない。

全部見事に搾りきってくれたような気がするからだ。

パワージューサー

本体をはずして、中のステンレスフィルター&ブレードを見てみる。

洗うのがちと面倒なのは、このフィルターくらいかな。
たわしを使ってちとごしごしと。

これ以外はプラスチックで、水ですぐ流せるので手間はまったくかからない。

パワージューサー

買ってよかった。
今日から毎日1杯、野菜&果物ジュースを飲むぞ!

2日目の今日は

・にんじん3本
・りんご1個
・パセリ
・レモン

の材料で、「キャロット・ビューティー・ジュース」に挑戦予定。

老化をすすめる活性酸素を除去するβカロテンがたっぷり。細胞の内側より若々しく、肌を美しく保ちます。いつまでも健康で若々しくキレイであるために、この一杯を習慣に。

だって♪


1日分の野菜や果物を丸ごとぎゅ~~っ☆
スタイルプラス パワージューサー


【関連記事】




コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/47051926

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ