当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

“アルコール度数7%”“糖質60%オフ”の新ジャンル「アサヒストロングオフ」

2010.03.25 フード&ドリンク C(2) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

アサヒ ストロングオフ24日にアサヒビールから発売された「ストロングオフ」。

昨日開催された「アサヒ ストロングオフ キックオフパーティー」の様子は、多くの方が既に詳細に書かれているので・・・


「↑こっち読んでください!」


と1行書いて華麗にスルーしてみて、
その代わり、いろいろ個人的に気になった点を再確認してみることにした。

アサヒ ストロングオフ


ビールと発泡酒と新ジャンル、税率どのくらい違うもの?

今回、アルコール度数7%ということで、ビール飲みヘビー層を狙った商品(自分も恐らくそのひとり)。間違っても「ビールって辛くてダメなの~」という人にはオススメしない、飲んだ時の刺激も強く、ガツンとくる飲み口だ。

アサヒ ストロングオフ

だったら低価格にこだわらず、ビールジャンルでの開発じゃダメなのかなあ~、他の既存商品とカーニバッてしまうこともない気がするけど~とか、素人考えしてしまうのだが、予想される市販価格聞いて納得。スーパー等での6缶セットなら、1本100円ちょっとなんだとか。

本当に新ジャンル価格帯なんだ!

  • 安い(缶ジュース並)
  • アルコール度数高い(7%)
  • 呑べえな人が「薄くて物足りないよ!」と思う味ではない

ということで、正直ちと罪作りなお酒かもしれない。
いつか自分、これで自宅泥酔しちゃいそうだ(月曜日も7%ビールで記憶飛ばしました)。

アサヒ ストロングオフ

ところで新ジャンル、どうしてここまで安すぎるのか?
ビール、発泡酒、そして新ジャンルと、酒税法の関係で税率低くなるということは知っているが、「どの程度?」というのは確認したことがなかった。


第三のビール

最大の特徴は、酒税法上「ビール」または「発泡酒」に属さない扱いにするために

原料を麦芽以外にする
発泡酒に別のアルコール飲料(大麦、小麦等を問わない麦由来のスピリッツや焼酎)を混ぜる
という手法をとっているという点である。

第三のビール(Wikipedia)


「第三のビール(いわゆる新ジャンル)」が何なのかわからないという方は、先に↑このWikipediaの解説を読んでおこう。歴史はまだとっても短く、誕生したのは2003年の酒税法改正後だ。

いろいろでているが、個人的に好きなのは、「金麦」「麦とホップ」。
(実はつい少し前まで、2つとも発泡酒だと勘違いしていた)

では、酒税率ってどのくらい違うの?というと国税庁サイトにある。


●主税率一覧表(PDF)


酒類の区分1キロリットル当たり税率
ビール220,000円
発泡酒麦芽比率50%以上220,000円
麦芽比率25%以上178,125円
麦芽比率25%未満134,250円
その他の発泡性酒類80,000円

1キロリットルという単位がピンとこないんだけど、ビールの「220,000円」に対し、その他の発泡性酒類が「80,000円」と「2.75倍」も差がある。

わかりやすいように、500ml換算してみるとどうなるのか?


酒類の区分500ml当たり税率
ビール110円
発泡酒麦芽比率50%以上110円
麦芽比率25%以上89円
麦芽比率25%未満67円
その他の発泡性酒類40円

計算合ってる?
ちと微妙な感じだけど、ビールと発泡酒、新ジャンルの価格差考えると合ってるのかな。

やっぱりビールの税金って高い。

アサヒ ストロングオフ

税金がこれだけ違ってくると、
リストラ旋風もまだやまぬこの時代、新ジャンルなんだなあと納得。

全然「アサヒストロングオフ」と関係ない話になってしまったので強引に戻すと、新ジャンルで1本あたりの価格もとっても安く、かつ7%の高アルコールなので、最近、晩酌に厳しい視線を向けてくる奥さんにも、


「とってもコスパ高いお酒なんだよ」


と説明して納得してもらえるんじゃないかな。


糖質60%オフって、何がどのくらい少なくなってるの?

もうひとつ、商品開発担当の方のプレゼンを聞いていて疑問になったのが、糖質60%オフという点。

これもなぜだか長い間、「糖質オフにすると味は落ちる」と思い込んでいた(恐らく麒麟淡麗と麒麟淡麗グリーンラベルの味の差から)。

アサヒ ストロングオフ

「アサヒストロングオフ」ではむしろ、「高アルコール新ジャンルの大きな課題だった『後味の悪さ』」をクリアするための試行錯誤の中で辿りついた、「スッキリ感実現」のための方法が「糖質オフ」だったとのだという。もちろん「健康」「メタボ解消」というニーズに応える目的も大きいのだろうが、プレゼンを聞いた限りではむしろ、前者の目的(糖質オフによるスッキリ感実現)のほうが先にきているような印象を受けた。


「アサヒ ストロングオフ」新発売 業界初!『アルコール分7%』×『糖質60%オフ』の新ジャンル!!(ニュースリリース)| アサヒビール


ところで・・・・


「糖質って何?」「味の面でどう変わる?」


なんていう疑問がまた沸き上がってくる。

以前、みんなでビール造り体験をして、できあがったチームごとのビールをブラインドで飲み比べるということをやった時には(関連記事)、「ああ、これがいわゆる“雑味”か!」というのを理解できた。技術者からの解説を受け、全く同じ材料で作ったにもかかわらず、雑味や味わい、ホップの香りなどに大きな差がでてしまう原因を教えてもらい、とても勉強になった。

これも、糖質オフしたの/してないのなあんていう飲み比べができれば一発なんだろうけど、そういうわけにいかない。


糖質オフ、糖質ゼロ、カロリーゼロは必ずしもカロリーがないわけではない(F.Ko-Jiの「一秒後は未来」)


ググって見ると、F.Ko-Jiさんの過去記事が登場。
「糖質オフ」と「カロリーオフ」、この関係も確かにごっちゃに考えていた自分。

今回の「アサヒ ストロングオフ」のように、味をよくするための糖質オフということならいいとして、そうでない場合、摂取カロリーを気にして糖質オフ商品を選んでも、実はそれによって減らせるカロリーなんて、おつまみでポリポリ食べてるピーナッツ数個分とか、そんなことあるかもしれない。

今度機会があったら、ビール・発泡酒・新ジャンルの各種商品で、カロリー比較してみたい。


+++


さてさて。
話がかなり商品からずれちゃったけど・・・

アサヒ ストロングオフ

自分的にはこの「アサヒストロングオフ」、味的にも気に入った。
特に、新ジャンルでこの値段でこの味だったらコストパフォーマンス本当に高いと思うので満足。

アサヒ ストロングオフ

コンビニ・スーパーで見かけたら、
ぜひ一度お試しあれ。

●アサヒストロングオフ(←音がでちゃいます注意)



コメント

久しぶりにコメントさせていただきます

これ、気になっていました~beer
糖質オフとかになると、アルコール度数が下がったりして、私は物足りなかったんです

が、わださん、絶賛
明日にでも買いに行こうと思いました

。。。隣に写っている麺も気になります
おいしそうlovelynotes

投稿者: madam (2010.03.26 01:39)

madamさん、

もしかしたら好みから外れる可能性はありつつ、「なんか薄くて物足りない・・・」という評価にはならないと思います。

でも本当におすすめなのは、隣に写ってる麺です♪
ほんっとおいしいんです!

本のレシピをそのままネットに転載したら著作権的に完全NGなので書けないのですが、ざっくり説明するとこんな感じです。
http://wada.cocolog-nifty.com/blog/2004/08/post_19.html

ぜひお試しください♪

投稿者: わだ (2010.03.26 02:00)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/47902106

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ