広告なし2

<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

自生さくら草をウォッチ!「さくら草公園」

さくら草公園

●最寄駅:JR西浦和(徒歩20分)
●料金:無料
●見所:さくら草始めとする草花が多種仲良く共生する生態系

最初に訪れたのは「さくら草公園」。
JR西浦和駅から徒歩20分、もしくはJR浦和駅からバスに乗ってゆく。

荒川の河川敷に作られた広い公園なんだけど、いわゆる「公園」的な作りではなく、だだっ広い草原のような場所だ。

さくら草公園

ここの見所はもちろん「さくら草」。
開発で一時は絶滅しかかったさくら草が自生している数少ない貴重な場所で、国の特別天然記念物にも指定されている。

埼玉県そしてさいたま市の花でもあったりする(知らなかった!)

芝桜のようにびっしり群生して咲いているわけではないんだけど、草の間で可憐な桜色の花を咲かせている。あいにくの雨だったけど、濡れている草原とさくら草もなかなかきれい。

訪れた人のためにボランディアでガイドをしてくれている人の話によると、さくら草が自生するための条件は結構たくさんあるとのこと。荒川が定期的に氾濫してどろがかぶるということもそのひとつ。ただ水門も堤防もでき、今はもうそういう環境にはない。

あとまわりの植物や木などとも調和を保ちながら共生しているそうだ。

さくら草公園

観光客用の通路が作られたりなどもあり、なかなかどうして、自生さくら草がずっと花を咲かせ続けるには厳しい環境があるという話もしてくれた。

さくら草公園

名前わすれてしまったけど、すずらんのような花を咲かせている植物も。点々と見かけたけど、奥の方にこの植物が群生している場所もあった。

さくら草公園

こちらの黄色い小さな花をつけたものもかわいい。
丸みを帯びた葉っぱも、なんともみずみずしい様子で、こちらはかなり群生しているので、そのあたりだけほんわか黄色に染まっていた。

さくら草公園

でもやはり目を惹くのはさくら草だ。
色や花の形など、何種類かあるとのこと。

実は開花のピークはソメイヨシノが咲く頃。

自分たちが訪れた4月末は、もう花は大部分終わってしまった時期とのことだったけど、それでもかなりきれいに咲いていた。ピークの時にくるとどんな感じなんだろう?もっとすごいのかな。

来年は機会あったら、4月頭に散策しにきてみたい。


さくら草公園(さいたま公園ナビ)
田島ケ原サクラソウ(さいたま観光コンベンションビューロー)



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/48161749

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ