当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

割るならハイサワー♪(2)「○○ハイ」「○○サワー」を日本に定着させた「ハイサワー」

2010.08.08 参加レポート C(2) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

ハイサワー

ところで、ハイサワーの「ハイ」って何なのか?
サワーは、お酒を炭酸で割った飲み物全般をさす単語なのだが、実はこの「ハイ」は、博水社の先代社長が、長年の商品開発の末、焼酎を割って飲むための割り材を開発した時に、「我輩のサワー」→「輩サワー」と名づけたもの。

商標登録も「輩サワー」なんだとか。

ハイサワー

このあたりの開発秘話はマンガにもなっていて、田中社長が実際のコミック誌を見せながら解説してくれた。

ハイサワー

営業もいない、東京・目黒の小さな会社だったので、このハイサワーを広めるため、仕事が終わると、従業員がそれぞれ自分の馴染みの居酒屋にケースに入ったハイサワーをかついで持っていき、おかみさんの前で実際に作って飲んでもらい、お店にポスター一枚はらせてもらい、ケースごと無料でおいていくという、とっても地道な口コミ作戦を展開した。

ハイサワー

「おかみさん、あの壁の『ハイサワー』ってなんだい?」
「一杯、飲んでみようかな」
「へー、これうまいじゃん」

こんな形でお客さんにも評判となり、酒問屋や口コミでまたたくまに広がって、全国区で売られるようになったんだという。

当時はビール・ウイスキーが人気で、焼酎は完全に押され気味な状況だったんだけど、この「焼酎を炭酸で割る」という新しい飲み方が一気に広がり、この「ハイサワー」という名前も、いつの間にか特定の商品名を超えて、「○○ハイ」「○○サワー」と、焼酎ベースのカクテルには当たり前のようにつく名前にまでなってしまった。

ハイサワー

いわば、このハイサワーは、
現在の「○○ハイ」「○○サワー」のイブといったとこか。

そして今年でそのハイサワーも30周年。
公式サイトにも、そのあたりの開発秘話が掲載されている。

●ハイサワーQ&A(博水社)

一度見ておくと、この後居酒屋訪れた時のうんちくネタにもなると思うので、暇な時にぜひ♪



コメント

ハイサワーの紹介記事で、
「ハイボール」ってなんだいとは如何なものでしょう?

投稿者: (2010.08.08 13:28)

あ、ほんとだ(恥
ご指摘ありがとうございます。

投稿者: わだ (2010.08.08 17:58)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/49093423

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ