スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

割るならハイサワー♪(3)泡盛+ハイサワーはぐびぐび飲めてしまって危険度大

2010.08.09 参加レポート C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

ハイサワー

ハイサワーというと、「焼酎」というイメージだけど、実はいろいろな楽しみ方があるということも今回初めて知った。

  • 焼酎+ハイサワー
  • ウイスキー+ハイサワー
  • ウォツカ+ハイサワー
  • 泡盛+ハイサワー


泡盛~~~!!??


と驚いたんだけど、この飲み方が沖縄でトレンドになり、東京の沖縄料理店などでも採用されるようになり、じわじわと波がきているとのこと。

ハイサワー

その名も・・・


「島(しまぁ)ハイサワー」


泡盛はもともと好きなんだけど、ロックか水割りでしか飲んだことがない。
実際に飲んでみると、その場にいたほぼ全員が言った。


「これヤバイ」「危険」


泡盛なのに、なぜかぐいぐい飲めてしまうのだ。

ハイサワー

ハイボールとも一緒なのだろう。

人によっては、アルコール濃度の強さだけでなく個性ある味や香りに「飲みにくさ」を感じる人も多い。特に今、若い人はビールとサワーだけで、強いお酒を敬遠する傾向が強い。

そんな人でも、こうして炭酸とレモンなど果実を加えると、とってもすっきりした爽やかな飲み心地の新しいドリンクのように感じ、アルコール度数高い泡盛がベースということを忘れ、ついビールのように飲んでしまうのだ。

用意されていた泡盛は小瓶だったんだけど、
自分だったら、あっという間にあけてしまいそうだ。

確かに危険極まりない飲み方。

ということで、おそらくお土産でもらった泡盛や花酒などがサイドボードに眠っているという家もあると思うので、だまされたと思って、酒屋などでハイサワー買ってきて、冷蔵庫でよく冷やして、氷たっぷり入れたグラスで混ぜて飲んでみてほしい。

●泡盛をハイサワーで割る「島ハイサワー」

おそらく参加者同様、「これ・・・やばいよ・・・」という感想がこぼれるに違いないので。



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/49093543

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ