広告なし2

<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

スピードラーニング第10巻は「中国の年中行事」

スピードラーニング

今回の第10巻のテキストは、何やらいつも以上にわくわくしながら聞くことができた。これ聞くちょっと前に、中国語を学ぶサークルの人達との飲み会で教えてもらった単語がいくつもでてきたからだ。


●スピードラーニング中国語公式サイト

スピードラーニング

目次はこんな感じ。
いつもより少なめで、ひとつひとつが結構長めだった。

ちなみに「春節(しゅんせつ)」は、旧正月のこと。
横浜の中華街なんかでもそうだが、中国で性大にお祝いされるのは春節のほうだ。

スピードラーニング

「二月二龍台頭」は「春龍節」ともいわれる。

昨日は旧暦2月2日「龍抬頭」って何?:イザ!

↑ここに載っているが、中国人でも若い人だとあまり知らない人も多いらしい。

スピードラーニング

この巻が結構役立ちそうだなあと思ったのは、こうした、元旦などに使われるお祝いの言葉などが結構載っていたこと。旧正月が近づくと家の入口に貼る「年画」などの伝統行事についても詳しく学ぶことができた。

スピードラーニング スピードラーニング

個人的に使う機会がいつかありそうな「お酒」関連の会話もたくさん盛り込まれていた。

先日、中国語サークルの人とレッスンの後に飲みに行って、中国の「乾杯」という話になった。中国では「乾杯」というと、文字通り飲み干さないといけないこととか、ひとりで勝手に飲んだり手酌でついでいるのはよくないという話などいろいろ聞いたのだが、

「乾杯っていっても、飲み干せない時はどうすればいいの?」
「そういう時は『随意』っていうんだよ。随意契約の『随意』」

と教えてもらったのが、そのまま載っていた。

スピードラーニング

友人1「李さん、無理に勧めないでください。好きなようにやりましょう」
田中氏「そうそう、好きにやりましょう」

この時に田中さんが、「対対、随意、随意・・・」といっている。へー、こう言えばいいんだ!これは実用的なフレーズだ!

スピードラーニング

いつも楽しく読ませてもらっているのが、この読み者新聞風なもの。
今回は、旧正月に関連した「年画」の話と、旧暦・西暦の両方を使っているという話。

日本も中国も、生まれ年を干支であらわすのは同じなんだけど、中国の場合、干支は旧暦ベースなので、1月生まれの人は、西暦でいうところの前の年の干支を答えるとのこと。ここは日本と違う(でもよく考えたら、日本のほうがまぜこぜになってるんだよね・・・)

スピードラーニング

西暦と旧暦が混在する中国のカレンダー。

言語を学ぶってことは、こうやってその国の伝統文化だったり考え方だったり、あと自分の国や自分達との違いをひとつひとつ学んでゆくことなんだなあと改めて。

ただ、単語や文法などを覚えていくだけじゃなく、そうしたことを学びながら「ついでに言葉も覚えてしまう」ようなスピードラーニングは、欲張りな人にもお勧めです。



●スピードラーニング中国語公式サイト



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/49436433

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ