当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

「生で食べられる甘いトウモロコシ」今年もあとわずか!

2010.09.03 フード&ドリンク C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

P1170326

とうもろこしの旬は6~9月頃。
朝もぎたてを即出荷しなくてはいけない「生で食べられるトウモロコシ」が味わえる時期もあとわずか。楽天市場内でも既に販売終了となっているショップが多く、今が最終段階だ。

P1170319 P1170320

今回購入したのは、北海道「かに太郎」の「白くまコーン」。
箱のパッケージは、旭山動物園監修とのこと。

品種は実が白い「ピュアホワイト」で、他に実が黄色い「ライオンコーン」もある。

P1170321

1箱10本入り。
まわりの皮までみずみずしさを感じる、実がぎっしり詰まったトウモロコシだ。

糖度は17度以上で、メロンよりも甘いという。

ところがこのトウモロコシの甘さはとっても管理が難しい代物。
収穫後も実からエネルギーを消費し続けるため、またたくまに甘味も味も落ちていってしまうのだという。

P1170322

なので同梱の案内を読み、とにかく早く食べるのが肝心!

一人暮らしなどですぐ消費できない場合には、薄皮残した状態で茹で、ラップでくるみビニール袋に入れて冷蔵庫や冷凍庫に入れることで甘さが落ちてしまうのを防げるという。

ふむふむ。

でもまあまずは・・・

P1170323


生で食べなくちゃ!


P1170325

淡いクリーム色の、大きな、とってもみずみずしい粒。

このままガブリ!


うまい!甘い!


果物に例えるとしたら、ナシに似ている。
くせのない甘さだ。

しゃりっとした歯ごたえも新鮮。

生で食べるトウモロコシは、一度食べるとクセになる味だ。

P1170329

残りは茹でて、ラップでくるんで冷蔵庫へ。

いろいろな食べ方で楽しみたいと思います♪
(この間、三軒茶屋の赤鬼で「とうもろこしのてんぷら」がおいしかったっけ)



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/49316892

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ