当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

窓の防寒~「ぷちぷちシート」貼るだけで室温アップ!

2010.12.10 生活雑貨いろいろ C(1) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

防寒シート寒気は窓からやってくる!

・・・ということで、毎年冬になると窓をビニールで覆うなど「窓の防寒」をしてきたが、今年初めて、プチプチシートを使ってみた。

防寒シート

購入したのは、90×180cmのシートを4本。
楽天のショップで購入した。

歩いていける範囲にホームセンターなどがなかったのと、電車やバスに乗って持ってくるにはちとかさばったもので。

防寒シート 防寒シート

防寒シート

我が家は2DKで、窓も3か所。
サイズを測ったところ、多少継ぎ足しをすれば、90×180cmが4本でぎりぎり足りることがわかった(公団サイズで、ベランダに続く足もとまでの窓は一か所のみ)。

防寒シート 防寒シート

さっそくキッチンの床に広げて、採寸&カット。
最初に窓のサイズを全部はかって、紙に書いておくなどするのがいいかも。基本、窓の幅ってどこも一緒なので、そのほうが効率的にカットできる。

防寒シート

片側が粘着面になっていて、窓に霧吹きで水を吹きかけ、そこにぺたっと貼ればくっつく仕組みになっている。


「濡れてればいいんだから雑巾で水拭きでもいいか」


と最初思ってやってしまったけど、雑巾水拭きだと水がどんどん流れてしまい、むらになる。霧吹きだとその点、水滴が全面についてしばらく保持されるので確実に貼れる。

100円ショップにある、化粧品用のスプレーとかでも大丈夫なので、一個用意してから始めたほうが絶対にいい。

防寒シート 防寒シート

ちょっとひと手間かけて、ちゃんとドアの鍵部分にも切れ込みを入れたりして、隅から隅までぴちっと貼れるようにしよう。心配な場合には、四つ端を両面テープで貼っておいてもいい。

防寒シート

そして張り終えた。

窓の外が見えなくなっちゃうのはどうかな?と心配だったけど、そもそもどの部屋もレースカーテンしていて外が直接見えていたわけではないので、外風景がプチプチシートでぼやけてもまったく気にならない。

それ以上に・・・


「外からの目隠しになる!」


という副次的効果のほうが大きかった。
風呂上りで、厚手のカーテン閉め忘れていても、外からは全く見えない安心感。

一年中これでもいいかも♪

防寒シート

で、肝心の効果はどうかというと・・・


全然違う!いい!


暖房をまだほとんど使っていないので、「暖房設定温度を◎度低くしても大丈夫」的な数値結果はだせないのだが、これまではリビングの机で作業してて、窓側の左足だけがすごくスースーしていた。それがつらくて、ひざ掛けをかけていたのに、それが全くない。

窓側からの冷気が断然減った。

11月初旬に「窓越しの冷気が寒い」と毎晩感じていたのに、12月の今、それを全く感じていないのだから、これはやはり、ぷちぷちのおかげだなあと。

防寒シート 防寒シート

防寒という点では間違いなく期待以上だったけど、
逆に、ちょっと期待を裏切られたこともある。

それは北側の寝室の激しい結露。

ぷちぷち貼れば緩和するかな?と期待してたんだけど・・・

防寒シート 防寒シート

それはなく、ぷちぷちの上に普通に結露していた。
まあ仕方ないね。

それでも、送料含め2000円ちょいの出費でこれだけ「部屋の中なのに震えるほどの冷気」をシャットアウトできているなら大満足♪

寒さ厳しいこの冬、絶対おすすめ。



コメント

窓にプチプチ、公団時代にやってました。
吐き出し窓の足元だけでしたがぜんぜん違いましたね。
結露に関してはまったく記憶にないのでですが(北側の窓でした)
今は便利なプチプチがあるようでうらやましいです。

投稿者: みちる (2010.12.10 23:16)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/50265237

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ