当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

本格芋焼酎「薩摩 こく紫」

2010.12.27 フード&ドリンク C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

こく紫

試飲用にいただいた芋焼酎「薩摩 こく紫」。普段はビールばかりの自分ですが、冬はお湯割りで焼酎飲むのが好き。芋も大好き。

こく紫

「こくと深み」を持ちながら、「飲みあきない」芋焼酎をつくる。追い求めた味わいへ。辿り着いた答えは、原料のさつまいもに、とある紫芋を加えることでした。

さっそくお湯割りで♪

かなり薄めて飲んだのに、芋の香りがふわっと漂って鼻から酔いそうな感じ。体があったまります。

それは、紫芋の中でも希少な品種「暁紫(アケムラサキ)」。芋焼酎では初めての商品化です。「黄金千貫」を主体に、「暁紫」を使用することで醸し出される、こく、深み。

こくとか深みとか語れるほど焼酎詳しくないんですが、ほんのり感じる甘みが癖になる。気づくと何杯も飲んでしまい、正直、自宅に置いておくにはちょっと危険なお酒かも(おいしいと一晩中でも飲み続けちゃう人なので・・・)。立ち上る湯気の香りにまでほんのり甘さ感じます。

こく紫

ロックでもおいしそう。
氷が今ないのでだめなんだけどね。

こく紫

実はお店ではまだ未体験なんですが、この「こく紫」が飲めるお店、都内にも結構あるようです。

●「薩摩 こく紫」公式サイト

焼酎好きの方、機会あったら是非!



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/50409842

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ