スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

今夏話題!「ガリガリ君かき氷器」使ってみたよ!

2011.07.16 生活雑貨いろいろ C(1) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

ガリガリ君かき氷機

一目見た瞬間に「ぽちっ」といっちゃいました。
ガリガリ君専用のかき氷器。届くの待ちわびていたよ!!!

●楽天市場で「ガリガリ君かき氷器」を探す(一個800円前後です/かなり品薄らしい)

ガリガリ君かき氷機

届いた直後にビアガーデンに向けて外出しなくてはいけなかったので、我慢できず持ってきてしまった。Facebookに書いたら「ビアガーデンにかき氷器ですか!?」と驚かれたが、実はとってもコンパクト。

ガリガリ君かき氷機

高さは17.5cmだ。

ガリガリ君かき氷機

ガリガリ君を一本入れて、ヘッド部分をぐりぐり左右に回して挽くという仕組み。ボディ色は2種類あって、私はソーダ色にした。

ガリガリ君かき氷機

ふわふわの、ガリガリ君かき氷!!!

ガリガリ君かき氷機

水筒みたいな形をしている。
こんなものでかき氷作れるのか!?

ガリガリ君かき氷機

これが「挽く」部分みたいだ。
内側には、とげとげが付いているけど、特に「刃」のようにはなっていない。まー、普通の氷と違って全然柔らかいからこれでも大丈夫なのだろう。

ガリガリ君かき氷機

そしてこれが胴体。
キャップ部分から伸びた軸(押し込む棒)には、ガリガリ君の木の棒を差し込むところまである凝りようだ。

ガリガリ君かき氷機

ガリガリ君がぴったり入るサイズらしい。
あとで他のメーカーのアイスでも試してみようと思う。

真ん中の大きな丸には意味があるがそれは後のお楽しみで。

ガリガリ君かき氷機 ガリガリ君かき氷機

使い方説明も。
気になる人はクリックで拡大するので読んでみて。

ガリガリ君かき氷機

・・・そんな写真をひとりで撮っていたら(周りから見たら変な人だったろうなあ)、友人たちも一人また一人と集まってきたので、さっそく、ガリガリ君をふるまうことに。

味はソーダに梨、そしてチョコ。

ガリガリ君かき氷機

まずはソーダ味。
すぽっと胴体に突っ込む。

ガリガリ君かき氷機

下まで入っていることを確認!

ガリガリ君かき氷機

次に、押し込み棒の溝に木の棒が挿入されるように装着する。

ガリガリ君かき氷機

そしてヘッド部分を左右に回す。

全然「氷をかいている」手ごたえはないんだけど、友人たちが「おー出てきた!」「かなり出来てるよ!」と歓声をあげていた。

入れ物が小さいので少し苦労したが、全然力はいらないようだ。

ガリガリ君かき氷機

確かにふわふわした感じの氷がでてくる。
普通の氷と違って、ガリガリ君の外側の少し硬めな部分を内側の柔らかい部分がまじりあって、ちょっと不思議な感じになる。

ガリガリ君かき氷機

完成\(^o^)/

そして気になるお味は・・・

「これ、ありだ!!!」

空気を含んでふっくらふわふわ。かき氷っぽいところと、少しクリーミーな部分がまじりあって、普通のかき氷とは全然違う味わいに。

友人たちの間でもかなり好評。
ソーダと梨を重ねて出しても美味しい。

ガリガリ君かき氷機

ちなみに先ほどの真ん中の丸い穴は、木の棒をまっすぐ出すためのもの。たまにガリガリ君の棒の位置がずれていると、つっかえてしまう。

ガリガリ君かき氷機

そして一番人気だったのが、
チョコ味で作ったかき氷。

いや、かき氷というのとは全然違う食感かも。

ちょっとソーダ味が残って交じっていたもので、一味違った感じになった。

「これ・・・ゴディバとかでもあるような味では?」

とまで言っている友人もいた。
それは褒めすぎな気がするが、たぶん、器に盛って出したら、誰も一個60円ちょいのガリガリ君とはわからないと思う。

いつものガリガリ君を、いつもと違う味わいで!
これ今年の夏いちおしのアイテムです。

●楽天市場で「ガリガリ君かき氷器」を探す(一個800円前後です/かなり品薄らしい)



コメント

これ、気になってて、真ん中の棒はどうなるんだろう?と謎でした。
疑問氷解!

投稿者: たからにゃ (2011.07.22 17:24)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/52221959

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ