当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

はじめての東京河川クルーズ

2011.12.12 小型船舶免許&ボート C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

東京河川クルーズ201112

学生時代にとった小型船舶免許を◎◎年ぶりに再取得(失効してた)した理由は、みたいもん!いしたにさんの、河川クルーズ動画を見たため。川面から見る東京風景がすごく新鮮でワクワクさせられた。

●プレジャーボートで『東京水路』という新しいレジャーを開拓したい:[mi]みたいもん!

そんな憧れの東京河川クルーズに、ネタフル・コグレさんに誘っていただき参加してきた。

当日のリアルタイム中継は、いしたにさんがまとめてくれたTogetterで。

●ワンドラ東京河川クルーズ01「隅田川→日本橋川→神田川」 - Togetter

東京河川クルーズ201112 東京河川クルーズ201112

初めて訪れた勝どきマリーナ。
表側から見ると、普通の喫茶店なんだけど、店内突き抜けると船着場が!

東京河川クルーズ201112

今回借りたボートは6人乗りのベルフィーノ。
レギュラーシーズン(10月~5月)平日なので、3時間のレンタル料は7,000円。

これにガソリン代入れても12,000円弱で、割り勘で1人2,000円未満(ヤマハ・シースタイル利用料金表)。船遊びというと「セレブだなあ~」とか言われるけど、実は結構お手頃な娯楽なんです、いやほんと。

東京河川クルーズ201112

この日の東京の天気は最高。
真っ青な空が広がり、風はちょっと冷たいもののむしろ心地よいほど。

まずは隅田川下ってレインボーブリッジ目指す。

東京河川クルーズ201112

川面から眺める東京は、街路樹も色づいていてほのぼの。伊豆七島から定期船で戻ってきた時も毎回思うけど、水の上から眺める東京はとても美しい。水路や川面たくさんあるし、もっと水の都打ち出してもいいよね。

東京河川クルーズ201112

来年の干支「辰」キャップ着用♪

東京河川クルーズ201112

そして隅田川から日本橋川へ。
神田川から分岐して隅田川へとそそぐ、そのほとんどが首都高の下というちょっとかわいそうな短い川だ。

●日本橋川 - Wikipedia

東京河川クルーズ201112

川というよか、水がたまった地下神殿の列柱といった趣。

これは緑の屋上看板が見えるので、江戸橋ジャンクションあたり。


大きな地図で見る


大きな地図で見る

徒歩や車でしか通ったことない橋の下は、
ひとつとして同じようなものがなく、なかなか楽しい。

東京河川クルーズ201112

そして川の両岸風景も非常に新鮮だ。

東京河川クルーズ201112

東京の中を走る川は、江戸時代に作られ整備されたところが多い。

ワンドラののまさんがとっても詳しいんだけど、古い時代の石垣がところどころ残っている。歴史感じる。もちろん、ひとつひとつの橋も歴史ものだ。

東京河川クルーズ201112

そこを操縦してゆく人は結構大変でもあるけど。
(私は全然自信ないので、広い隅田川に出るまで操縦席にはつきませんでした)

東京河川クルーズ201112

レンガのところも。
こんな風景、船で通らなきゃ一生見れなかった。

東京河川クルーズ201112

そして今回の河川クルーズのハイライトシーンはやはりここ。

日本橋川から神田川に入り、御茶ノ水に差し掛かるところ!!!紅葉をまだらに映し出す川面のさざ波はまるで絵のよう!

東京河川クルーズ201112

はー。ため息。
御茶ノ水駅の上を横切るアーチ型の聖橋だ。関東大震災後に作られた震災復興橋梁のひとつとのこと。名前の由来は湯島聖堂とニコライ堂を結んでいるため。

●聖橋 - Wikipedia

地上はこんな感じ。


大きな地図で見る

日頃の行いか、本数多いから当然のことなのか、
聖橋をくぐった瞬間に前方に現れたのは、地上を走る丸ノ内線。

東京河川クルーズ201112

「船で地下鉄の下を走る」

というのも、よくよく考えると結構新鮮な体験だ。

東京河川クルーズ201112

まあ実際にはほとんど何も見えなかったけどね。

東京河川クルーズ201112

御茶ノ水を通り過ぎた後もエキサイティングな風景は続く。
総武線に沿って、秋葉原そして浅草橋方面だ。

右上に見えているのはJR。

東京河川クルーズ201112

肉の万世。というか万世橋。

東京河川クルーズ201112

来年の干支「辰」(そろそろくどいって?)

東京河川クルーズ201112

大学でて新卒で就職した銀行では、浅草橋支店に配属だった自分。ここの風景が好きで、毎朝しばし神田川を眺めてから支店に向かったんだよね。

神田川から隅田川にでたところで、今回はじめての操縦。

月曜日でレジャーボートもなく、そこそこスピードもだせて快適。やっぱり船はいい。ストレス発散にもなる。あんまストレスたまる生活はしていないけど。

東京河川クルーズ201112

東京スカイツリー。
青空に映える。

東京河川クルーズ201112

そして再び隅田川を下って、レインボーブリッジへ日没を見に。

東京河川クルーズ201112

浜離宮のすぐ脇から眺める東京タワー。

東京河川クルーズ201112

そして3時間前とは違う色に染まるレインボーブリッジ。
風がかなり冷たくなっている。

東京河川クルーズ201112

「やっぱ水路でしょ!」という、いしたにさん発言がとっても納得な3時間。最高だわ、これ。

東京河川クルーズ201112

この日のコース。
隅田川以外は同じコースを往復たどるのではなく、ぐるっと回って来れるところが面白い。

他にも荒川方面に向かう水路コースなどもありそちらも面白そう。

東京河川クルーズ201112

船から降りて、歩いて築地に向かう途中、
今度は橋の上を通った。

東京河川クルーズ201112

東京河川クルーズ、
はまります、ほんと。

●[N] 2011年最後の東京湾&河川クルーズ
●晴天の中、隅田川・日本橋川・神田川! 東京河川クルーズレポート(1)【ワンダードライビング】



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/53464456

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ