<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

ニッカ余市蒸留所でウイスキー作り体験!~余市マイウイスキーづくり(2)

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

2日間の日程で行われる「余市マイウイスキーづくり」、今回の参加メンバーは20名。普段の蒸留所見学では見せてもらえないところにも入ることができ、話を聞きながら真剣にメモをとる人の姿も。そしてここから“ウイスキーづくり体験”が始まる!

蒸留

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

蒸留所のハイライトはやはり「蒸留」。
ボディがころんと丸みを帯び、上に向かって伸びた口が最上部でかくっと折れ曲がった不思議な形をした蒸留器(ポットスチル)。

並んでいるポットスチルの形はいろいろ。
形や大きさなどによって、ここまで全く同じ工程で作られたものでもまったく個性の違う原酒になっていくのだという。

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

そしてニッカの蒸留所でちょっとびっくりするのは、ポットスチル上部に注連縄がまかれていること。

京都の松尾大社には酒の神が祀られており、亀の井の水は酒造時に入れると酒が腐らないといわれ、延命長寿、よみがえりの水としても知られているらしい。工場にあるポットスチルの上部には注連縄と紙垂が掛けられているが、これは政孝親父の生家が造り酒屋であったことに由来している。(ニッカ公式サイト「ウイスキーに捧げた男たち」より引用)

蒸留所の中に入ってからとにかく「日本ではないような」風景に接し続けてきたので、ここだけ日本土着の信仰が形になっていてなんだか不思議な気がするし、強い愛情のようなものも感じる。

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

余市蒸留所では、もう他では見られない石炭による直火炊きでの蒸留方法がいまだに採用されている。これってすごいことだよね。いまだに観光用ではなく現役で機関車が在来線を走っているようなもの。

ポットスチルを直火焚きで蒸溜する蒸溜所は、スコットランドでも数えるほどしかなくなりました。しかも現在はガス燃料の使用が主流となり、「石炭直火蒸溜」を行う余市蒸溜所は世界でも稀な存在です。(ニッカ公式サイト「受け継がれる技~火を操る職人」より引用)

この石炭をくべる作業を体験だ!

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

△尊敬するブロガー平田さん@dh memoranda

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

△心から竹鶴を愛するウイスキー党四家さん@裏[4k]

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

△超チャーミングなChinackyさん@どこでもドアジャンクnet

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

△カメラ目線もばっちりなイケメンのりおさん@エアロプレイン

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

△そして自分はワクワクするとすぐ笑顔になっちゃうんです

いやー、スコップで石炭投入するだけなのに結構興奮したよ!


糖化釜の中に入った!!!

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

ここで再び先ほど見学した「糖化釜」の場所に戻ってきた。
そこに並んでいたのはたくさんの白い長靴。

もしや!!!

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

そう。
中に入れちゃうのです!!!

今まで他の蒸留所でも、ガラス窓から中を覗くだけだったこの釜の中に!

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

作業体験としては、糖化して麦汁を排出した後の麦芽カスを底の穴に落とし込むというお仕事。通常はスタッフがひとりで一個15分くらいかけて行うのだという。

この麦芽カスは近隣の酪農家の人がとりにきて、牛の飼料になるそう。

私ももちろん入りました。
意外に中は広く、ぴっかぴか!

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

そして建物をでてくると、あたりは夕暮れ風景。
ブロガー集団は写真撮影にも時間かかり、質問もがんがん繰り出されたのでかなり時間押していたが、この後お楽しみの「試飲」というか「バッティング体験」だ。

余市蒸留所マイウイスキー作り体験

> 続く(バッティング体験&博物館)



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/54555986

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ