当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

美味しい寺師のモツ鍋セット!

2012.04.26 フード&ドリンク C(1) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

もつ鍋

私のまわりにはモツ鍋好きな人が多い。
私自身は以前あまり好きではなかったのだが、そんなモツ鍋好きな人に連れられていった専門店で初めて美味しいモツ鍋を食べて以来はまった。

●国産牛もつ鍋セット | 株式会社 寺師

【追記(2012.12.11)】Amazonでも買えるようになったそうです


【送料無料】鹿児島・寺師の国産牛もつ鍋セット4人前

先月、オンラインショップの方からモツ鍋セットをいただいた。
量がかなりあったので冷凍保存しておき、少し前に地元近所に住む友人達を招いての鍋パーティー。

もつ鍋

セットはこんな感じ。
4人前で、スープが2L/国産牛もつが600g。

冷凍状態で届いた。

もつ鍋

正直4人分にしては多いかも~。

もつ鍋

さっそく調理!
土鍋は、普段使っている割と大きめサイズのものなんだけど、2Lのスープを沸騰させ、モツを全部入れたら、それだけでいっぱいいっぱいになってしまった。

これだと他の野菜はもう入らないので、
急きょスープを別の鍋にとりわけスペースを作った。

もつ鍋

追加で入れたのは・・・

  • キャベツ
  • ニラ
  • ゴボウ
  • ニンニク

他に好みで、もやしや豆腐、きのこ類など入れてもいいみたい。

もつ鍋

スープは甘みも深みもあり、こってり味でとにかく美味しい!
かなり濃い~味なんだけど、このスープがしみこんでとろごろになったキャベツとか、いくらでもばくばく食べれてしまう。

他の友人からも「スープがいい!」と大好評で、そんなスープをさらに味わうためキャベツも追加投入!

もつ鍋

そして肝心のモツも美味しい!

とっても柔らかく、脂もたっぷりでぷりぷり。甘みもある。モツ苦手という人でもこれだったら大丈夫だろう。

量はかなりあったと思うんだけど、あっという間に食べつくしてしまった。

もつ鍋

今まで何回かお取り寄せのモツ鍋体験していて、当たりはずれも結構あるけど、これは満足。美味しい。

もつ鍋

ちょい送料とかかかっちゃうけど、
その価値はあると思う。

もつ鍋

〆は、友達が買ってきてくれたおうどんで。
スープ思い切りすって、モツの味もたっぷり染みこんでいた。

2Lのスープはそれでも余る可能性あるので、野菜&豆腐中心で2日目の鍋に使いまわすなんてのもありかな。私は中華麺を買っていたので、翌日たっぷりのキャベツを加えてまたとろとろになるまで煮て、麺を加えていただいた。

お取り寄せは2人前で1,200円、4人前で2,000円。
追加もつ1人前が500円。

4人前で関東から取り寄せする場合には、送料など含め3,550円となる。

家族で食べるのはもちろん、友達呼んでの鍋パーティーや女子会にも是非。

●国産牛もつ鍋セット | 株式会社 寺師


【追記(2012.12.11)】Amazonでも買えるようになったそうです


【送料無料】鹿児島・寺師の国産牛もつ鍋セット4人前



コメント

和田様

寺師の国産牛もつ鍋セット、ご感想お書きくださりまことにありがとうございます。
大変嬉しい限りです。

今回、料金を見直して送料込のお値段といたしました。

●2~3人前(国産牛もつ300g / スープ1,200cc)
2,880円(税込・送料込 ※東北・北海道は除く)

●4~6人前(国産牛もつ600g / スープ1,500cc)
3,580円(税込・送料込 ※東北・北海道は除く)

何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社 寺師
http://www.terashi-kagoshima.com/

投稿者: 株式会社 寺師 (2012.07.03 11:46)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/54548998

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ