当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

トランスダーマスポッツショット

2012.06.05 美容 C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

トランスダーマスポッツショット

昨年初めて受けたフォトフェイシャルのおかげで、絶賛繁殖中だったシミがかなり消えた。そうすると従来の諦めモードは消え、「これからはシミ作らないようにしなくちゃ!」という気持ちが非常に強くなる。

●初・フォトフェイシャル体験(シミが消えました・・・)

そして今回試すことにした美容液が2つあり、そのひとつがこれ。
大丸・松坂屋のコスメ専用通販サイト「マルコレ」で販売されており、モニターさせてもらえることになった・・・

「ピンポイントで塗る美容液」

ちなみにモニターさせてもらったからヨイショというのではないが、マルコレって扱ってる商品が結構面白いし、美容トレンドをウォッチするのにもいい場所。

マルコレ

ネットショップの美容系・ダイエット関連は、見るからに怪しげな商品もトップページに大々的に混じってしまっているショップも多い。

そんな点で、大丸・松坂屋という百貨店の通販部門が手掛けているという安心感もあるし、実際ショップ内見ていても変なものは扱っていないし、多分ターゲット層も、若い女性というよりは30代・40代以降の自分らあたりなのかなと。

さてトランスダーマ。

大丸・松坂屋 コスメ通販マルコレ トランスダーマ一覧

トランスダーマ(Transderma)とは

いつものスキンケアにプラスするだけ♪ノンオイル・ノンアルコール・無水タイプ、肌にあげたいピュアなビタミン美容液、トランスダーマCとA

@cosmeでも評価の高い、ビタミン美容液だ。
「トランスダーマC」と「トランスダーマA」を組み合わせて使うそうなんだけど、私が試すのは、顔全体に使うものではなく、ピンポイントに塗る美容液。


【トランスダーマ】 トランスダーマ スポッツ ショット

君島十和子さんなど美肌セレブも愛用するピュアビタミン美容液トランスダーマから、スポッツショットがデビュー♪♪♪シミやそばかすは、できてしまってアタリマエなんて思っちゃダメ!ピンポイントで働く美容液でしっかりケアを!

トランスダーマスポッツショット

こんな感じの、細長いペンタイプの容器に入った美容液だ。なかなか珍しい。

トランスダーマスポッツショット

遮光性の袋に入っている。
持ち運ぶ用らしいんだけど、化粧品とくにビタミン系などの美容液は光に当てないほうがいいと前に聞いたので、家の中でもこれにいれて保管している。

トランスダーマスポッツショット

先端はくるくる回るボールがついた「塗る」ロールオンタイプ。

私の場合、シミが気になるのは頬の上のほう、目の斜め下あたりが中心。それと口の両脇のあたりなどに点々と散らばっている。

そうした場所にピンポイントに塗ることができるのが便利。
シミひとつない指先に貴重で高価な美容液を塗っても無駄だしね。

トランスダーマスポッツショット

入っていた箱を展開して開くと、内側が説明書になっている。エコだね。使い方は、洗顔後にこのトランスダーマスポッツショットを塗布し、その後化粧水・乳液という順番とのこと。

使い始めて一週間。
毎日洗顔後、鏡を見ながらシミの上にくるくる塗り、ちょっと薄くなってきた?いやこんな早く効果はないかな?など、なかなか楽しみな時間になっている。


【トランスダーマ】 トランスダーマ スポッツ ショット

これから日焼けする時期でもあるので、新しいシミがまたできてしまうのも防いでいきたい。なんて考えると・・・

大丸・松坂屋 コスメ通販マルコレ

↑ここのUV対策特集にある、
つば広の帽子とかお洒落だしかなりよさそげで気になる。

もういいお年だし、若い頃からかなり焼いちゃった人なんだけど、まだまだ諦めず頑張ります。



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/54880518

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ