<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

ヒール苦手な人でも超快適!「リゲッタ(Re:getA)」が凄すぎる

2012.06.25 ファッション C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

リゲッタ(Re:getA)

リンクシェアフェアのsaQwaブースで試着した「リゲッタ(Re:getA)」。あまりの凄さに驚いて、その後会場内で会う人会う人に「リゲッタ履いた?」と聞きまくってしまった程。

リゲッタパンプス
リゲッタシリーズ

日本の靴職人が手作りで丁寧に仕上げたコンフォートシューズブランド。日本の履物の代表である「下駄」の良さを生かしつつ、その欠点を人間工学に基づいた技術革新で補い、現代風のエッセンスを加えることで完璧な「履き心地」と「歩き心地」を生み出すことを制開くコンセプトにして作られています。コンフォートシューズなのにキュートでフェミニンなフォルムが人気の秘密。

リゲッタ(Re:getA)

実は自分、パンプス系が一切ダメ。
3cmヒールで3Eの幅広パンプスで何とか歩ける程度で、それも1時間で疲れ切ってしまう。

なので普段は常にヒールのないがっつりした革靴や運動靴で、スカートは履きにくく、スーツもパンツスーツばかり。

リゲッタ(Re:getA)

ところがびっくり。

自分でも驚く程なんだけど、職人が手作りしているというこの「リゲッタ(Re:getA)」は、ヒールの存在を全然感じさせず、足の裏にぴたっと靴がフィットする感触。

歩きやすく、これだけ傾斜してるにもかかわらず、爪先にもかかとにも圧迫感が全くない。

リゲッタ(Re:getA)

このソールの形に秘密があるのだという。

リゲッタ(Re:getA)

「絶対無理」

と決めつけていた7.5cmヒール(前方が1.5cmあるので実質6cm)も、騙されたと思って履いてみたが、これも普通に歩ける。くどいようだが本当に本当にヒール苦手な人なだけに不思議で仕方がない。

まるでマジックだ。

リゲッタ(Re:getA)

ヒールの中間部分が曲線を描くように内側に入った「リゲッタ(Re:getA)グラマラス」は、saQwaでしか販売していないとのこと。

リゲッタ(re:geta)グラマラス「リゲッタ(Re:getA)」シリーズから大人の女性を意識したシャープなデザインで登場したのがリゲッタ(Re:getA)グラマラス。発売以来、大人気の「リゲッタ(Re:getA)パンプス」は、リピーター続出の履き心地で、「一度履いたらもうやめられない!」と多くの女性を虜にしてきました。そこで新たにウェッジソールから作った全てが完全オリジナルデザインが今回ご紹介するリゲッタ(Re:getA)グラマラスです。

リゲッタ(Re:getA)

斜めに伸びるベルトもお洒落だ。

もちろん、普段いろいろヒールあるお洒落な靴履いている人にとっては、デザインが限られていて物足りないだろう。でも自分にとっては、ヒールあるのにこんな楽に歩ける靴でこれだけお洒落なら大満足。

リゲッタ(Re:getA)

一番上のところはゴムになっているので、ベルトをいちいち外さなくても脱ぎ履きしやすい作りになっていて、かつきゅっと足を固定してくれる。

リゲッタ(Re:getA)

そしてインソールは取り外すことも可能。
立体的な作りになっていて、かかとをぐるっと支え、土踏まずのアーチも足に密着するように作られている。

リゲッタ(Re:getA)

先端の底部分は少しカールして上向きになっているので、スムーズに体重移動しながら足を地面から話すことができる。

かかと着地も、こんな高さあるのに地面に引っかかる感じは一切なく、ぐらぐらもしない。

「なぜここまで歩きやすいのか」

が不思議でならないけど、細かな形や素材など、計算しつくした製品ということなんだろうなと思う。

一足購入することは決定したんだけど、
今悩んでいるのは「どのリゲッタにするか」ということ。



リゲッタ(Re:getA) グラマラス

7.5cmヒールなのに全然違和感なく履けて歩いてしまう、saQwa限定発売のリゲッタ。かかと部分が曲線に凹んでいるので、よりスマートな印象になっている。


【送料無料】リゲッタ(Re:getA) ミドルウェッジ5cm ウォーキング パンプスR35

こちらは5cmヒール。普段履きするならこのくらいのヒールのほうがいいかなという気も。グラマラスともう少しデザインが違っていたら両方買っちゃいたいほどの気持ち。


【送料無料】リゲッタ(Re:getA) グラディエーターグミサンダル

実物は見れなかったけど、今一番欲しいのはこのタイプのもの。百貨店など行くといつもいろいろ見ていたんだけど、ヒールがあるとぐらぐらしてしまい全然歩けなかった。でも、リゲッタなら大丈夫そうな気がする。


+++


●リゲッタ(Re:getA)公式サイト

リゲッタの公式サイトもあった。
機能性へのこだわりやコンセプトなど読むとますます欲しくなる。


日本製を作ることが出来るメーカーは僕が知るときよりも3分の1くらいに減っています。その上でメーカーの仕事量は5分の1くらいに減っています。
もはや僕の生まれ育った生野区の地場産業は壊滅した後のようになっています。

が、今、リゲッタの周りにいる人たちは全員幸せそうです。
70歳を超える職人さんたちも 「まだまだやれるでっ!」って皺だらけの顔をくしゃくしゃにしてついてきてくれます。

「僕が、新しいデザインを作り続けることで
日本の製造業の元気につながればいいな、と思う今日この頃です。」


素敵だなあ。
もうちょっとどれ買うか悩んだら、この商品を紹介してくれたsaQwaで購入しようと思う(グラマラス以外送料無料だし♪)。

リゲッタパンプス
リゲッタシリーズ


【追記(2012/06/26)】結局かなり悩んだ末、「グラディエーターグミサンダル」を注文しました。届くの楽しみ!

リンクシェア レビュー・アフィリエイト



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/55041626

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ