当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

きっと喜ばれる“東京のお土産”を探せ!~東京駅一番街探索ツアー(2)

2012.07.22 PR C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録
アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

東京駅一番街

東京駅一番街は、八重洲北口改札でてすぐ。
東海道・東北新幹線ホームへもすぐの場所だし、高速バス乗り場も近い。

東京駅周辺でお土産買う場所は他にも何か所かあるが、いわゆる「東京の老舗和菓子」から話題の「東京駅限定スイーツ」まで一か所にぎゅっと集まっているので、時間に余裕がない時でも探すのが便利だ。


「テレビ・雑誌紹介」スイーツで盛り上がる

お土産選びは、楽しくもあり難しくもあり。
相手の好みがはっきりわかっているならいいが、そうでない時「何を選べば喜ばれるか」悩む。

しかし「東京のお土産」はそれほど悩まなくていい。
自分自身、地方出身なのでよくわかる。

東京には、地方では見ることも味わう機会もない憧れの「テレビや雑誌で取り上げられ話題のスイーツ」が山ほどあるのだから!

東京駅一番街

入ってすぐに発見!

東京駅一番街

フジテレビ「めざましテレビ」で紹介されたという、「和蘭西葡」の「mocitto」。
紙袋もセットでとってもお洒落。

4個入りは525円(税込)~12個入り1,575円(税込)まで、軽い手土産にちょうどいい価格帯だ。” mocitto ”とした食感のココア味の生地につぶつぶミルクチョコチップ入りのコクのあるチョコクリームをサンドしました。かわいい手のひらサイズの新感覚スイーツです。(和蘭西葡公式サイトより)

東京駅一番街

そして今、ロールケーキ大流行の中でメディアに登場しまくりなのがロールケーキ専門店「ARINCO」。本店は京都嵐山で大行列ができているそう。その東京初出店がここだ。

「これ今、テレビ・雑誌でよく登場するから一度食べてみたいと思って」
「ひとりじゃ食べられないので一緒に食べましょう!」
「京都嵐山の本店では大行列だったらしいわよ」

テレビや雑誌で紹介されているスイーツは、話のネタとしても盛り上がる。
もちろんもらった人も、その後何かの時に「私それ、お土産でもらって食べたことあるわ!」と自慢できたりもする。

東京駅一番街

一番人気は何といっても「塩キャラメルロール」。
私たちを案内してくれた人も、この話を始めたら顔が真剣にとろけそうになっていた。

ほろ苦く甘い塩キャラメルとミルキーな生クリームの絶妙なバランス

美味しそうだよ~!!!
食べたいよ~!

即買いしそうになったけど、今は買っていく相手がいない。
なので決めた。次に帰省する時は絶対これ!

東京駅一番街

塩キャラメルロールは1,500円なんだけど、そのすぐ隣には倍近い値段の「トーキョーキャラメルロールプレミアム」というのも売られていた。こちらは2,800円。

どちらも東京限定だが、この1,300円の差が気になる。

特別な方へのお土産に、自分へのご褒美に───
至福のひとときをお愉しみください

し・・・至福のひととき!!!

ちなみに公式サイトを見ると、京都限定は「澤井醤油の百年蔵醤油ロール」、仙台限定は「プレミアムメープル」といろいろある。ロールケーキ好きの方なら、東京限定を皮切りに全国制覇目指してもいいだろう。

東京駅一番街

そして「はなまるマーケット」の人気コーナ「朝のおめざ」で安達裕実さんが紹介したのは「麻布十番ラスク」。北寄りの一角にある「おもたせや」コーナーで販売されていた。

東京駅一番街

ラスクは日持ちもするのでお土産に最適。
お土産の他、「新幹線内で食べるおやつ」にもいいだろう。

他にバリエーション豊かなラスクが人気の「東京ラスク」も出店している。

> 続く



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/55178275

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ