当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

パソコン用眼鏡「JINS PC」使ってみたら確かに楽!

2012.08.08 生活雑貨いろいろ C(1) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

JINS PC

最近、まわりでもユーザ急増中のパソコン用メガネ「JINS PC」。自分も一日10時間とかパソコンのモニター見続ける生活なので、目がとても心配。

先日成田空港で初めてJINS店舗に入り試着してみたところ、軽くてデザインもお洒落。
買っちゃおうかなと思っていたところで、ネタフルさんのこの記事

「JINS PC」をしばらくかけた後に、裸眼で液晶モニターを見るとギラギラしているのが分かります。その状態だと、非常に目が疲れます。なので、仕事場での長時間の作業では、手放せなくなりました。(「[N] PC用メガネ「JINS PC」いつの間にかPC作業で手放せなくなっていた」より)

を読んで、購入を決意。

JINS PC

向かった先は上野駅アトレ店。
決して広くない店舗はお客さんでいっぱい。

JINS PC

JINS PCも全種類、試着できるようになっている。
度付きでなければ、そのすぐ下にあるパッケージ入りの商品をレジに持っていけばすぐに買える。

私は数年前にレーシックをしているので今は裸眼。
度付きのものじゃなくてもOK。

JINS PC

買ったのは「メタル スクエア」のゴールド。
この「スクエアメタル」は4色あって、正直、青含めどの色買っても、落ち着いていてさりげなく、おしゃれな感じ。結構悩んだ。

JINS PC

JINS PCの効果は「ブルーライトを約50%カット」という点。
実際ブルーライトがどのくらい目によくないのかとか全然わかっていないんだけど、ネタフルのコグレさん書いていたように、日々の目の疲れが減るだけでもいいなと。

JINS PC

専用の袋もついてくる。
眼鏡ふき兼用だそう。

JINS PC

かなりスリムでフレームも細く、ゴールドというよりはベージュかな。

JINS店内で試着してみた時、何を試してもすごくよく見えた。
あれは店内の鏡に何か仕掛けがあるんだろうか?

そんな勘繰りをしてしまったのは、購入して、外でさっそく試着してみたら店内で見たイメージとはちょっと違ったから。どんな感じかというと・・・

JINS PC

こんな感じ。

まあでもいいかな。
久々メガネっ子です。

JINS PC

そして昨夜から約半日ほど使ってみた感想としては、コグレさんと同じ。

JINS PCをはずして裸眼でディスプレイを見た時にもっとも効果がよくわかる。
白い部分がぎらっとして、瞬間、後ろにのけぞりたくなるような嫌な感覚に襲われる。

自分、こんなぎらつきが当たり前だと思って長時間凝視し続けていたんだなと。

透明なレンズもあるけど、より効果があるのはうっすらブラウンの色がついたもの。
画面もわずかに色味変わってしまうが、普段はテキスト入力がメインなので、何か色を正確に確認したいときだけメガネ外せばいいと思う。

久しぶりのメガネな事もあり、視界にフレームが入ってしまうが少々気になったが、それも数時間で慣れた。もっと大きなフレームのものや、そもそもフレームがないタイプのものなどもあるので(通常のフレームにJINS PCのレンズを組み合わせる場合)、メガネ慣れしていない人はそういうのを選ぶといいのかもしれない。

オンラインショップでも全種類売っていて、
かつ店舗と違い、セール価格のものもかなりある。

私が購入したのは「メタル スクエア」で5,990円。

これから手放せなくなりそうです。



コメント

耳の不自由者なのです。
ブルーライトにはパソコンや携帯等にレンズ付きは出来ます?
私は左眼が悪くて白内障なのですが、もう手術をしたのは今年の6月8日でした。後には左眼が少し見えないけど、右眼は0.5
左眼は0.1です。

投稿者: 宮本裕子 (2012.10.16 11:31)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/55377448

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ