当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

空撮を誰でも楽しめる!?「AR.Drone2.0」が届いた!

2012.09.20 ビデオ&カメラ&撮影 C(1) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

AR Drone2.0

実はまだ開梱すらしていない。
さっき届いたばかりだ。

でもちょい興奮しまくってるので、自分をクールダウンさせるためにブログ記事など。
(週末に試験があるので開梱はその後まで我慢我慢)

今回購入したのはこれだ。


AR.Drone 2.0

カテゴリとしては「ラジコンヘリコプター」になるかと思うが、とっても不思議な形をしている。ホバリングも可能とのこと。

そして一番の特徴はHDビデオカメラ(1,280×720/30fps)を搭載している点。

見たことのない上空からの映像を手に入れよう!

AR.Drone2.0はスマートフォンやタブレットが送信機になるWi-Fiコントロールの4ローターヘリコプター。3軸加速度計、3軸ジャイロスコープ、気圧計、水平方向の速度測定用垂直QVGAカメラ(60fps)、3軸の磁気センサー、対地面の高度測定用超音波センサーを搭載。超安定性とスマートフォンを前後・左右に傾けるだけの操縦を実現。離陸は画面のボタンにタッチすれば地上約80cmで自動ホバリング。着陸も画面のボタンにタッチするだけ。AR.Drone2.0は「直感的フライトモード」を搭載。パイロットとの位置関係を計算して、機首の向きに関係なく手元のスマートフォンを傾けた方向にフライトすることが可能になった。
高解像度の動画をスマートフォンやタブレットにライブストリーミング。動画はワンタッチで録画が可能。AR.Drone2.0からフロントカメラはHDカメラ(1,280×720、30fps)となった。映像の記録はUSBメモリーにも録画が可能。もちろんフォトキャプチャー(JPEG)もOK。ブレの少ない美しい映像を提供。ビデオや写真を記録して、YoutubeやPicasaで映像や写真をアップロード。AR.Droneアカデミーで世界中のAR.Droneパイロットと映像をシェアしよう。AR.Drone2.0は飛行中にフリップできる驚きの機能を搭載。アクロバット飛行に挑戦しよう。4つのブラシレスモーター搭載。

AR Drone2.0

片手で持てる軽さだが、箱は結構大きい。

AR Drone2.0

早く飛ばしたいなあ~!!!

AR Drone2.0 AR Drone2.0

興味ある人は是非この動画をチェックしてほしい。
iPadを使って飛ばしている様子、そしてAR.Drone2.0から空撮した迫力一杯の映像を見ることができる。

もちろんここまで自由自在に操作するには修行も必要槽だけど。

▼Quadrotor AR.Drone 2.0 : Features(2分3秒)

他にもYouTubeのオフィシャルチャンネルにたくさんの動画がアップされている。

●AR.Drone official channel - YouTube

上手く飛ばせるようになったら、いろんな風景をいつもと違った角度から撮ってみたい。


AR.Drone 2.0



コメント

わださん、こんにちは。ワダです。

ところでわださんはラジコンヘリなどの
飛び物の操縦はされたことがおありですか?

以前TVでも紹介されていて
ラジコンにまったく触れたことのない人が
飛ばせるまでに果たしてどのくらいかかるのか興味があります。

また、機体を目視せず、搭載カメラのモニター映像のみで
果たして飛ばせるのかも興味深いところです。
これが出来たら本当すごいですが。

レポート期待しています。

投稿者: だジィ (2012.09.28 13:03)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/55703447

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ