当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

シミ・肝斑を消したい!シロノクリニック体験レポ(6)二回目のフォトシルクプラス

2012.09.28 フォトシルクプラス 美容 C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

シロノクリニック

友人・知人から何度も聞かれたのは
「なぜ真夏にやったの?」

フォトシルクプラス施術直後は肌の状態が非常にセンシティブになっている。

なので、いつも以上に保湿をしっかりし、日焼けを徹底的に避けないといけない。

そう考えると真夏はよくないのだろうが、自宅ワーカーの自分、日差しが強い夏は外を歩くことも少なくなるしジョギングもしない。外出せざるをえない場合でも「フォトシルクプラス後」と思えば注意して、サンバイザーや日傘、強めの日焼け止めでしっかりカバーする。

つい油断しやすい春先や秋口よりいいのかなあと。

ただ通勤や買い物で日中の外出を避けられない人は、やはり真夏は避けたほうが楽だし安全だと思う。

シロノクリニック

そして夏に浴びてしまった紫外線の影響をリセットするためにも、秋がベストシーズン。紫外線量も減り、日没時間も短くなってくる今頃からだ。

シロノクリニック

ところで自分は二度目のフォトシルクプラスを受けてきた。
一回目が8月8日、二回目が9月18日。

「(前回)どうでしたか?」
「翌日かさぶたがいっぱいできて、全部落ちました!」
「よく取れてよかったですね」
「はい!!!」

事前診察でちょっと興奮気味な自分。
実際すごい変化↓だと思う。

●シミ・肝斑を消したい!シロノクリニック体験レポ(5)フォトシルクプラス後

昨年6月に初めてフォトフェイシャルを受ける前は↓こんな肌だった自分。

●初・フォトフェイシャル体験(シミが消えました・・・)

泥汚れがついたような肝斑(写真右端のほう)が頬骨に沿って面で広がっている上に濃いシミが点々と。すっぴん状態で鏡を見るのが本当に憂鬱だったのに、それが全然なくなった。シミも肝斑も、劇的に目立たなくなった。

肝斑はおそらく、シロノクリニックで処方してもらって飲み続けている内服薬の効果が大きいと思う。

シロノクリニック

目立つシミが既にかなり落ちてしまっているので、二度目のフォトシルクプラスは初回のような派手なビフォー・アフターにはならないそう。外側にでてきてはがれるという感じではなく、肌の中で消化されるような状態だそう。

「じゃあ、一回目ほどシミに反応しない分、痛みも大したことないか」

となめていたらそんなことはなく、一回目と同じくらい「ビシッ」と痛みが走った。でもまあ数分の我慢。

シロノクリニック

今回は終わった後のクールダウンも。
特に顔がほてってということもなかったんだけど念のため。

気持ちよくって寝ちゃいましたが。

そして翌日。
今回はかさぶたとかできてないんだよな~、ちょっと残念!なんて思いながら鏡を覗いたところ・・・

シロノクリニック

お、ちょっとできてる!
目尻の先のところ、一年前は肝斑が濃く広がっていたところに点々とかさぶたが。

かなりシミなくなっていたと思ってたけど、
まだこれだけ残ってて反応したのね。ちょい嬉しい。

シロノクリニック

反対側も同様に、前回と比べたらずっと少なく大きさも小さいけど、点々とうっすらかさぶた。

そして9日目の今日。
夜照明の下で撮ったのでちょっと赤っぽい写真になってしまっているけど、白く光っちゃうより肌の状況よくわかるかなゆうことで・・・

シロノクリニック

小さくできていたかさぶたがすべて落ち、
肌の色は全体的に明るくなった気がする。

以前に比べると、こじわや毛穴も目立たなくなった。

シロノクリニック

反対側はこんな感じ。

季節の変わり目のせいかにきびができやすくなってて、その跡が少し残ってしまっているが、「シミ」は本当に目立たなくなった。

やっぱり全然違うなあと。

この後も施術から1か月ほどかけてじわじわ肌が変化してゆくそう。

以前はシミだらけだったので、「今更・・・」的な諦めも強かったけど、一度リセットされると意識も変わる。夏が終わり日差しはぐっと弱まったけど、また日焼けして新しいシミを作ってしまってはいけないので、外出時はマメに日焼け止めを塗るようにしようと思う。

来月以降はマラソン大会も何度か参加するけど、
とにかくがっつり日焼け止めを塗って万全を期したい。

今回、取材兼ねてということで特別に3回体験コースを用意してくれたシロノクリニック。

説明にも時間をかけてくれるし、リスクについてもしっかり丁寧に話してくれるので不安感はない。治療バリエーションも多いので、「なんでもかんでもフォトフェイシャル」というわけではなく、悩み抱えている個所の状況ごとに最適な治療法を提案してくれるのも、やはり大手ゆえかなと。

フォトシルクは、機械が同じなのだからどこで受けても一緒という意見もあり、私自身もここに来る前はそう思っていた(探せばもっと安く受けられるところもある)。ただやっぱり、それ以外の治療ができる設備をもっていたり、押しつけ的なことも一切なく、専門クリニックとして安心感得られるのは大きいなと感じるようになってきた。

> 続く



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/55758337

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ