当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

中国ソーシャルメディア入門(1)中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」を一冊で理解できる本

2013.05.07 中国インターネット事情 C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

P1040548

中国関連のニュースで、「ネットユーザの反応」としてよく登場するのが“中国版ツイッター”とも紹介される「微博(ウェイボー)」だ。

今回中国に住んでみることにした理由のひとつは「中国のネット事情を知りたい」というものだったが、実際来中して最初に驚いたのが「微博」普及度の高さだ。

  • 飲食店・小売店の多くが導入&活用しており店頭や印刷物にアカウント記載されている
  • バス停や地下鉄の看板広告など、街中の広告にも必ず微博アカウントが掲載されている
  • 企業ECサイトやメディアサイトでソーシャル連携が進んでいる

その浸透&定着度たるや「日本以上」!

そんな折、北京市内の日本人大学生向け講演会でスピーカーをされていた北京ログラスの山本氏にお会いする機会を得た。2006年に北京で起業され、現在はインターネット広告事業に加えソーシャルメディア導入・運用のコンサルティングなども手掛けている方だ。

●北京ログラス(LOGRAS)

中国のインターネット事情に精通されており、2010年に「中国巨大ECサイト・タオバオの正体(ワニブックス新書)」を、そして昨年2012年には「中国版ツイッター ウェイボーを攻略せよ」を出版されている。


中国版ツイッターウェイボーを攻略せよ! (ワニブックスPLUS新書)(798円/通常配送無料)


中国巨大ECサイト タオバオの正体 (ワニブックスPLUS新書)(840円/通常配送無料)

<楽天ブックスはこちら>

【送料無料】中国版ツイッターウェイボーを攻略せよ! [ 山本達郎 ]
【送料無料】中国巨大ECサイト・タオバオの正体 [ 山本達郎 ]

さっそくウェイボー本を購入し読ませていただいたのだが・・・

非常に面白い!!!

新書なので、早い人なら1時間もあれば完読してしまうボリュームだが内容は非常に濃い。ツイッターとの相違点や日中企業・自治体の成功事例、ECとの連携、リスクなど、中国でのソーシャル活用したプロモーションを検討している担当者なら「まずは知りたい!」情報がコンパクトにわかりやすくまとめられている。

企業や日本の自治体アカウントのフォロワー数一覧などデータもふんだんに盛り込まれている。「中国語」という言葉の壁もあり、少々霞がかった存在でもあった「微博」の全容がじわりと垣間見えてくるはずだ。

P1040549

中国ではツイッター、フェイスブック、ユーチューブなどを見ることができない。また逆に日本からはアクセスできず、見られないサイトもある。中国のこうしたインターネットの規制は、鉄のカーテンならぬ“竹のカーテン”などとも言われてきた。 そんななかでウェイボーは、そのカーテンの内側をのぞき見ることができる貴重なツールと言えるだろう。中国人を呼び込むために、中国に進出するために、日本からも手軽かつスピーディーに情報を発信できる、いわば日中を結ぶ“高速道路”なのである。(「中国版ツイッター ウェイボーを攻略せよ」P158・159より引用)

この本の著者山本さんからもっと話を聞いてみたい!
中国のソーシャルメディア事情についてもっと知りたい!

そんなわけで図々しくも取材依頼をしてみたところ、快く受けてくれた。

P1040124

私自身の知識が乏しいので、まずは「中国のソーシャルメディア運用開始するにあたってまずは知りたいこと」を中心に質問してみることにした。

少し長くなりそうなので、書籍内容や微博の基本機能を混ぜつつ、何本かにわけインタビュー内容を紹介していきたい。

とりあえず、中国市場でのネットプロモーションに今後携わる可能性のある企業担当者はぜひこの2冊を先にゲットして読んでおいてほしい。おススメだ。

中国版ツイッターウェイボーを攻略せよ! (ワニブックスPLUS新書)(798円/通常配送無料)
中国巨大ECサイト タオバオの正体 (ワニブックスPLUS新書)(840円/通常配送無料)


> 続く



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/57265978

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ