<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

内モンゴル草原ツアーに参加(1)北京の旅行会社の1泊4日旅行

内モンゴル

友人が会社を休んで北京に遊びに来てくれるという。やったー!空気の問題もあり(夏場はそんな悪くないんだけど)なかなかあえて今来ようという人は少ないので嬉しい。

既に長城や故宮は前回来た時に観光済みということなので、いくつか北京近郊観光プランを提案し、内モンゴルに行くことに決めた。

植林活動では行ったけど、まだ寒い時期のこと。
「夏にくれば一面緑の美しい草原を見ることができる」と地元モンゴル族の人が言っていたので、何としても夏の内モンゴルにもう一度来ておきたかった。

なので友人と一緒に行けることになり本当にラッキーだ。

内モンゴルへは、北京青年旅行社という旅行会社のツアーを利用した。なぜ1泊4日かというと

1日目 夜22:15北京を出発する夜行寝台列車に乗る
2日目 朝06:36内モンゴルのフフホトに到着─バスで草原の休暇村へ
3日目 草原から砂漠へ─夕方フフホトに戻り夜21:50発の行寝台列車に乗る
4日目 朝07:07北京に帰着

という感じで、宿泊は1日のみで中2日、その前後の夜を夜行寝台列車で過ごす日程だからだ。

中国は長距離の路線が多く、夜行寝台列車もかなり走っている。
なので、少し遠い場所に旅行に行く場合には、時間と宿泊費の節約にもなる「夜行寝台列車」利用が結構人気だ。

実際この内モンゴルツアーも、宿泊一泊だけで二日間は朝早くから夕方までみっちり観光できるスケジュールが組まれていて非常に効率的。

ちなみにお値段はひとり760元(1元16円計算で12,160円)。
自分でチケットを買っても、列車で往復280元程するので、それにホテル代や2日間のバス代、食事代など考えると悪くない。

何より他の中国人旅行者と一緒に旅行できるという体験自体が、外国人にとっては結構楽しかったりする。

> 続く



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/57898831

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ