<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

海外生活でIP電話を使う!~FUSION IP-Phone SMART(2)空港にて

2013.11.12 FUSION IP-Phone SMART PR TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

IMG_6092ここからは基本「海外留学・赴任の人」を前提に書くが、海外旅行者にとっても共通する部分はあると思う。

長期間日本を留守する場合、日本で契約している携帯電話は「利用休止」もしくは「解約」していく人が多いだろう。

私は「au」で休止手続きをとった。
それだと電話番号は保持され、事務手数料2100円の他、毎月390円支払うだけで済む。

●au「海外赴任・留学などで長期間利用されない方へ (一時休止のご案内)」

しかしちょっと困ったことが一点。
休止手続きをする際、「いついつから休止にしてください」と日にち指定することができないのだ。つまり手続きをするとその日から使えなくなってしまう。

空港で万が一手続きしそびれると悲しいので、事前に地元で休止手続きをしたが、そうすると出国当日、家を出た後の通信手段がなくなる。何もなければいいが、ちょっと不安だ。


出国時~空港無線LANを利用して電話をかける

そんな時、さっそく「FUSION IP-Phone SMART」の出番だ。
今、日本の空港の多くが、無料の無線LANサービスを提供している。

写真

成田空港の場合、第1・第2ターミナル両方で無料の無線LANサービスが使える。

●成田国際空港公式WEBサイト「ターミナル案内 ご自分のパソコンからアクセスする場合」

場所によって電波状況が悪いところもあるが、それを確認しながら、比較的電波強いところで利用すれば問題ない。

夏の一時帰国から再び中国に渡航する際、成田空港内にオフィスがある知人と会う約束をしていたので、さっそく「FUSION IP-Phone SMART」+「空港無料無線LAN」の組合せで電話をかけ、無事会うことができた。

空港内は公衆電話もあるが、特に待ち合わせの場合は移動しながら話ができたほうが確実だ。


到着時~中国の空港の無線LAN

もちろん海外の空港でも多くで無料の無線LANサービスが提供されている。

IMG_6117

中国も、北京・上海はもちろん、今回私が降り立った海南島・海口市の空港でも無線LANサービスはある。

●無料の空港無線LANサービス情報サイト「FREE WiFi Point」
●中国国内の無線LANスポット情報サイト(中国語のみ)

日本の携帯電話を解約・休止してしまっている場合にはローミングサービスも利用できない。なので、迎えにきてくれている人と会えなかったりすると、連絡手段がなくなり困る。

そんな時も「FUSION IP-Phone SMART」があれば、空港の無線LANサービスを利用して、電話をかけたり受けたりすることが可能だ。

しかし──。
これは頼りすぎないほうがいいだろう。

空港によって電波状況が悪かったり、あるいは場所によっては全く使えないということも多々。無料でも事前にパスポートを提示しID発行してもらう必要がある空港もある。

●All About「北京のインターネット・Wi-Fi事情」~北京首都国際空港でのID発行方法が解説されている

初めての空港の場合は、「使えたらラッキー」程度にしておこう。


アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。


> 続く



トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/58530758

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ