当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

中国語の中国旅行ガイドブックを買う

写真

広東省&広西チワン自治区については日本からガイドブックを持っていっていたが、雲南省は何もなかったので、長距離バス内での読み物にもいいかなと思い、ガイドブックを一冊買った。

旅行人口激増中でかつ自由旅行派も増えている中国では、旅行ガイドブックがたくさん出版されている。北京・上海などだと、グルメ本もたくさん。

そして漢字なので、中国語まったくわからない日本人でも、半分くらいの意味はつかめる。日本のガイドブックには載っていない最新情報も結構あるので、おススメだ(特にグルメ関連など)。

ちなみにこの本の一番上は「昆明・大理・麗江・シャングリラ攻略」と書かれている。その下は「最値得(もっとも価値がある)推薦的(推薦する)161個地方」ということで「超オススメな161か所」。

写真

写真もきれいで、五つ星でのおすすめランク、「地址(住所・場所)」「交通」「門票(入場料)」「住宿(宿泊施設)」と項目ごとに情報も整理されているので見やすい。

日本のガイドブックでは触れられていない場所の情報なども。

中国の観光開発はここ数年で一気に進んでおり、過去には外国人の立ち入りが難しかったところもどんどん開放されている。詳細はわからなくても、「ああこんな場所があるんだ」とざっくりつかめるだけで価値があるはず。

写真

で、やはりありがたいのはグルメ情報。
日本のガイドブックだと、どうしても「外人対応が行き届いている場所」に限定されがち(英語メニューがあるとか)。

日本人であれば英語メニューなくても漢字メニューで十分なので(むしろ漢字のほうがわかる)、グルメについては中国語情報に頼るといい。

この本は、グルメ・カフェ&バーそれぞれいくつもの名店が5段階の星ランク付き紹介されているので、そのパートのためだけに購入しても意味はあるだろう。

グルメ&バー情報であれば、スマホ&パソコンある人なら、「百度地図」の周辺情報も非常に役立つ。私はクチコミサイトのアプリをスマホに入れていたので、近くの食堂情報などはだいたいそれで調べていた。

人気順にソートでき、主要都市や観光地であれば評価数が半端なく多いので、信頼できるランキングになっているはずだ。

●百度地図(麗江)
●中国語ガイド本(グルメ情報など結構載ってるシリーズ)



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/59011274

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ