<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

麗江冬の名物「排骨火鍋」

写真

「冬にしか食べられません」
という呉さんのおススメで古城のすぐ外、南門の並びの通りの排骨火鍋の店に行った。

雲南はどこもそうだったが、飲食店は真冬でもこんな感じ。
木戸を全部開け放し、外にもテーブルを並べている店が非常に多い。

南国ならわかるけど、気温は夜は5度を下回り、ぶるぶるガタガタ震える程。お客さんも皆、ダウンコート来たまま食事をする。

寒いのは苦手な自分は正直ちょっとつらかった。

写真

鍋は「大(78元)」「中(58元)」「小(48元)」を選び、そこに肉や野菜の具を選んで足していく仕組み。

最初に頼んだ鍋には、既に排骨が含まれている。

●排骨 - Wikipedia

排骨は「パイコー」と日本では発音され中華料理でもよく登場する骨付きアばら肉。だがこの鍋のはほとんど骨だった。排骨で出汁をとる鍋ということなのかもしれない。

写真

私たちは2人なので「小」で。
火鍋とあったので辛いのかと思ったらそれは大きな勘違いで、むしろ中国の鍋では初めて食べるくらい「出汁の味」だけの鍋だった。

野菜など入れる前に、スパイスやネギが入った器に鍋のスープを少し加え、スープとして飲む。

写真

葉野菜を2種類、あとキクラゲと茄子を注文。
こんな棚を置いてそこに乗せてくれる。

調理台が近かったので見ていると、他に豆腐や肉などいろいろな具材があった。この後追加注文した山芋も美味だった。

写真

これは大理のビール「風花雪月」。
味もしっかりしていて好みかも。

ふたりで99元。
私が払うつもりでいたのに、呉さんが頑としてお金を受け取ってくれず、全額おごってもらうことに・・・。

値段もかなりだし、大学生におごられるのは、いい年齢の社会人としては心苦しいと言ったものの「入郷随俗(郷に入っては郷に従え)」と押し切られてしまった。

本当にごちそうさまでした。



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/59005611

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

昔からアメリカに留学する中国人は少なくないが、最近の中国人留学生はその‘質’が変わり、起こす事件も内容が変わって来とるそうな。写真は「入郷未随俗問題」=郷に入っても郷に...(2014.02.23 12:19)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ