当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

<いわき>小名浜港「いわき・ら・ら・ミュウ」で海鮮丼を食べる!

いわき2014年3月

いわき海辺ウォークの旅で最初に向かった先は小名浜港。
いわき市の中でも茨城よりの海岸にある大きな港で、観光地としても有名だ。

というのも・・・

●海産物を堪能できる「いわき・ら・ら・ミュウ」
●バックヤード見学ツアーも人気の水族館「アクアマリンふくしま」
●海と港を一望できる「マリンタワー」(小名浜港のすぐ北側)

があるからだ。

最寄駅は常磐線の泉駅。
上野からなら、特急スーパーひたちで2時間ちょい。上野発8時に乗れば10時10分には泉駅に到着する。

いわき2014年3月 いわき2014年3月

泉駅から小名浜港までは路線バスで15分。
1時間に1~2本なので、事前に時間を調べて行ったほうが安全。人数多ければタクシーでも。

いわき2014年3月

ガラスに覆われた巨大な水族館、アクアマリンふくしま。
2011年12月に訪れた際、凝った展示やバックヤードツアー、水族館なんだけど中で魚は食べられる釣りもできるという体験型プログラムなどに魅了された。

●水族館「アクアマリンふくしま」でバックヤードツアーに参加

今回も行きたかったけど、時間の関係でパスして、いわき・ら・ら・ミュウに。

正式名称は「いわき市観光物産センター」で、「ミュウ」はいわき市の鳥カモメの愛称。いわきの海産物やお土産品がいっぱいで、レストランも多数入っている。いわゆる「お土産屋さん」的な場所ではなく、お洒落なショッピングモールだ。

いわき2014年3月

目的はもちろん「海鮮丼」。

今回「勝手にいわきガイド」矢野さんが企画したツアー目的のひとつが「美味しい海鮮丼を食べまくる」こと。他のメンバーがまだ東京からのスーパーひたちに乗っている間に一番乗りで食べちゃいたいところだ。

いわき2014年3月

海鮮丼は、一階&二階の各レストランで扱っており、どこに入るかは非常~に悩むところ。食べログにも結構口コミ情報集まっているので、事前に調べていってもいいだろう。

●いわき・ら・ら・ミュウ施設内 ランキング [食べログ]

ひととおり見た後、二階の「魚屋さんの海鮮レストランいちよし」に入った。目の前に海とアクアマリン、そして小名浜港を管轄する海上保安庁の巡視船「あぶくま」が見える。

いわき2014年3月

ぎっしり盛りだくさんな海鮮丼。
写真ではちょっと隠れてしまっているけど、青じその上にはウニも乗っている。

朝から海鮮丼なんて幸せ~♪

いわき2014年3月

一階の鮮魚コーナー「おさかなゾーン」には、新鮮な海の幸が並ぶ。
クール便発送もしてくれるとのこと。

いわき2014年3月

塩辛や佃煮、海藻など種類も豊富だ。
今回はまだ旅始まったばかりだったので何も買えなかったけど、ここは最後に訪れてお土産買って帰るというのが正しい行程だったかもしれない。

公式サイトには、買ったお魚のお料理レシピもある。

●いわき・ら・ら・ミュウ|いわき お魚レシピ

さんま汁が美味しそ~♪



トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/59319844

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ