当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

山崎蒸留所 記事一覧

カテゴリが「山崎蒸留所」の最新記事一覧です

先週末に山梨で実施された燻製キャンプの1日目、全員ですぐ近くの白州蒸留所に行った。自分は2006年に一度連れてってもらっ...
ウィスキーの味の違いもわからない人間なんだけど(でも好き♪)、先日品川で開催されたイベント「シングルモルト歴代チャンピオ...
話はさかのぼって、9月頭。自分、そしてサハラ夫妻は山崎蒸留所へ行った。 目的はこのイベントだ。 イベント終了後、こちらへ...
サハラさんへ。 今晩のNHK「プロフェッショナル」、ウイスキーブレンダーの輿水精一氏なんだって。山崎蒸留所でパネルで見た...
3種類のスピーカーそれぞれで音楽をかけての、聞き比べ。あの小型スピーカーから、こんな臨場感あふれる音がでるのか!とびっく...
以前、「アミーゴ梶ヶ谷304号室」で紹介したパイオニアAVセミナー in サントリー山崎蒸溜所。 「来ます?」と声をかけ...
そこから全員で、ワインショップへ。 高価なワインの有料試飲もできる場所だ。 最近思うんだけど、無料でも有料でも、「試飲」...
この間、「蒸留所とかビール工場とか見学してブログ書いてる人」と言われた。 ・・・そっか? もっとあるだろ(笑) それはと...
そして、濃密な蒸留所見学ツアーを締めくくるのは、ファクトリーショップ。ここでしか購入できないオリジナルウィスキーなどがあ...
おいしいウィスキーとおつまみと、こだわりランチでまったりしたところで、午後の見学コースへ。ここはウィスキー博物館。
ここでお昼タイム。 車移動が多くてそんな歩いていないんだけど、実は前日午後まで中国で歩きまくって(飲みまくって)いた自分...
そしていよいよ、蒸留所の見学コースもクライマックス。 「樽」が、原酒を抱きかかえたまま、長い時間静かに眠る場所へ。
そしてまた、車に乗って広い敷地内を移動。フロントガラスの向こうに、たくさんの樽が積まれている場所で停車した。
そして「蒸留」過程。 白州“蒸留”所というくらいだから、ここがきっとハイライトなんだろうなあと勝手に思っている。何度見て...
「ようこそウィスキーの森へ」と書かれた看板。 蒸留所見学というより、広い自然公園の中をハイキングにでかけるといった感じだ...
これは先々月の話。 新宿駅を朝9時に出発するあずさ9号に乗って、白州蒸留所に行ってきた。 4月に山崎蒸留所へ行って「ウィ...
なぜか、まだ続いています・・・。 友人の大作に感銘を受けて以来、「連載モノ」がマイブームなだけです。 今回のツアーで一緒...
「山崎と食」にご一緒させてもらった店員佐藤さんのレポートが公開されています。すごいです! ハイビジョン映像から切り出した...
そしていよいよ、メインイベントの「山崎と食」。一般の見学コースが終わり、みな帰っていった後に開催される。もともと静かな場...
職人の技ってホントすごいなと思う。 いろいろな木材で作られる樽は、釘を使わず、板を並べて、それを金輪で締め付けているだけ...
さすがに丸一日ちょい経過して落ち着いたけど、20日は終始ハイテンションだった自分。盛り上がったのも当然だ。 ツアー同行者...
妙にテンション高かった一日。午前11:50。東京駅を静かにすべりだした新幹線の車内で、席が隣になった年配女性と、缶ビール...
短期間に2度目の訪問をすることになりました。 前回は京都でお茶会イベントがあってその後に立ち寄ったのですが(あっ、肝心の...
「他では滅多に飲めないですから」 Mさんがリング綴じのバインダーメニューを開いて、どれを飲んでみたいですか?と聞く。 う...
そして遂に試飲タイム。 天井の高い、やはり貯蔵庫か何かに使われていたような趣のある部屋に、がっしりと存在感のある樽再生テ...
蒸留所見学のハイライトシーンはやはりここ。窓がなく、暗くてひんやりした貯蔵庫に眠る樽・樽・樽! 太鼓をのせる角材の台のよ...
一泊二日の京都プチ旅行から帰還。 同行のサハラさん曰く「食べて飲んで、飲んで飲んで食べては飲んでの2日間」だった。 いつ...
ブログを始めてから、少し勉強家になった気がする。例えばこんな記事で「蒸留ってなんだ???」と書いたとする。 そうすると、...
・・・が見れるかな? ひょんなことから、今週日曜日に京都へ行くことになった。自称「素敵なマダム」のサハラさんと一緒。「そ...

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ